2020/12/11
今から新築を建てる人に朗報。住宅ローン減税の13年間特例、2年延長で2022年末までが対象に!
|
お知らせ

有限会社ランド・プラン

という内容が今日の朝刊に載ってましたので、一応お伝えしておきます。ポイントは以下の通り。

①本来10年間しか受けられない「住宅ローン減税」が最長13年間受けられる(ただし11年・12年・13年後の控除額合計額は「建物購入価格の2%が限度)。

( )内がちょっとややこしいですが、簡単に言えば「控除額はそれまでの10年間よりは下がるよ。でも控除自体は出来るよ」という事で、まあ、得な話です。

②「2020年末」までの入居条件を2年間延長し、2022年末までの入居条件に緩和。という事で、現在建築中の方、来年建築に懸かる方、再来年に建築される方も、ギリギリ大丈夫でしょう。

ただし、適用するには「新築注文住宅で2021年9月末までの契約」、建売住宅や中古住宅は「2021年11月までの契約」が必要という事です。

住宅の場合は「契約」と「入居」までの間にライムラグがありますので、あんまりゆっくりはしていられません。

かつ、「この超低金利時代に1%も控除するってどうなん!?」という意見も出されているようで、ここは2022年度に

「縮小」が検討されているようです。

分かります?例えば銀行の金利が0.5%の場合。

「0.5%の費用」に対して「1%の還元」があるわけで、この差(1-0.5=0.5)が「得」になるわけなんですが、「そこまでの恩恵を与えんでもいいやろ」という判断です。

もともと、住宅ローンてのは「1%以上が当たり前」だったので、その金利負担を軽減する為に「住宅ローン控除」制度を作ったわけなんですが、金利がめちゃくちゃ低いんだから1%も控除しなくていいだろという議論です。

多分、それこそ「0.5%」になる可能性もあります。しかしそうなると・・・

減税効果はメチャクチャ下がってしまいます。これはマジで、気を付けて注視しないといけませんぞ・・・

カテゴリー |
お知らせ
タグ |
住宅ローン控除(減税)
新築注文住宅
人気の記事
2020/02/24
賃貸が得ですか?持家が得ですか?そんな悠長な話している場合ではありません。「老後に住める家がない!」
2020/10/06
私もそう思いますけどねえ。独身女性「だからこその」住宅購入。
2020/11/16
真か偽か?「不動産に掘り出し物は無い」論。
2020/10/02
判断力とは。最高の不動産を選ぶ為にも絶対必要な「諦める力!」
2020/03/17
不動産屋が銀行に同行すると住宅ローンが通りやすくなる!?(その融資、通るか通らないか!?)
2019/12/31
「住宅ローンって、早く返した方が得なんですよね?」
2018/09/14
この差って何?「予約中」と「売約済」と「SOLDOUT」
2020/04/30
不動産業者とか建築業者とかコーディネーターさんからのウケは良い。玄人好み?のプレミアム住宅って、何?
2020/06/09
金を残すは三流、仕事を残すは二流、人を残すは一流。でもそんな事が、私に出来るのだろうか。
2020/11/18
高岡市木津中古住宅、本日ご成約いただきました。(どっちが負担!?解体時の外壁補修問題)
2020/11/15
別の不動産業者さんが取り扱っている物件については「後から」ではなく「事前に」ご相談下さいませ。
2020/09/22
私道を通る時って通行料払わないといけないんでしょ?私道に接していると住宅は建てられないんでしょ?
2020/10/19
高岡市瑞穂町某所、本日お申込みいただきました。「隣の土地は倍出しても買え!」は本当か?
2020/10/04
入村料って何?絶対に払わないといけないの!?
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを登録いただければ更新のお知らせが送られてきます。いちいち更新を確認する必要がなく便利です。解除もすぐ出来ます。

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成