MENU

2020/11/15
専属専任媒介とは?中継ぎも抑えもホント大変!
|
よくあるご質問

有限会社ランド・プラン

専属専任媒介契約。不動産業界なら誰もが知っている言葉ですが、フツーはワケわからんですよね。

何に専属して?誰の専任で?媒介はギリ分かるけど、トータルわけわからん!と思いませんか?

そういった話を致しますが、法律的な話は別ページでご確認下さい。このブログでは「実戦的な所だけ」お伝えします。

では始めます。

私の元には良く「気に入った物件があるんですが、相手の不動産業者がどうにも不安なので、中に入って貰えませんか?」というようなご相談が来ます。

「専属専任媒介と書いてあるので、絶対にそこ(の不動産業者)を通さないといけないんですよね?」とも。

まず、「中に入ってくれ」と言われるのであれば、基本的には入らせていただきます。そこでお客様の不安を和らげ、円滑に不動産を取引いただけるよう努力致します。

と、専属専任媒介というのは「その業者を通して買わなければならない」という「買い手と不動産業者」の話ではなく

「売り手と不動産業者」の話です。

売り手は必ず「その不動産業者を通じて」売らないといけないのですが、買い手の方は何の関係ありません。

た・だ・し。

気になる物件があって、その不動産業者に連絡し、内覧等もして、ある程度話が進んだ所で「高野さ~ん、中に入って~」と言われると、結構困ってしまいます。

というのは、既に「交渉」がスタートしてしまっているからです。不動産業者の方は「これは買って貰えるな。そうすると自分に入る仲介手数料は・・・」などと考えているものです。

そこで私が颯爽と登場すると、元々の不動産業者から睨まれます。「折角いい所まで話が進んでたのに・・・。邪魔すんじゃねえよ!」って所ですね。

と、「交渉」って、そんな簡単なモノじゃないんですよ。色んな流れがありますし、交渉は何よりも「初っ端のやり取り」が一番重要なのです。なので是非

私に相談いただける時は、誰よりも一番先にご相談下さい。いや、無理にご相談いただく必要はありませんが「どうせ後から相談されるのでれば」先にいただいた方がお互い本当にラクです。

一番先にご相談さえいただければ「色んな芸当」が出来るわけです。交渉の初っ端から。

プロ野球などでもピッチャーの「中継ぎ」って難しいって言うでしょう?先発がしっかりゲームを作ってくれていればそうでもないですが、初っ端でコケていると立て直すのは非常に困難なんです(ずっとずっと後を引いてしまう)。

という事で色々書きましたが、今日は

「専属専任媒介とは”売り手と不動産業者の話”であり、買い手には何の関係も無い」

と言う所だけ覚えて帰っていただければ幸いです。それでは!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    カテゴリー |
    よくあるご質問
    タグ |
    不動産業界
    野球の話

    7大お悩み相談

    お客様の声

    2022/04/16

    多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

    お客様の声

    2022/04/09

    子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

    お客様の声

    2022/04/17

    集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

    お客様の声

    2022/04/21

    家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

    お客様の声

    2022/04/09

    賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

    お客様の声

    2022/05/01

    中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

    お客様の声

    2022/04/15

    住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

    よくあるご質問

    お客様の声

    2019/09/20

    そもそも新築住宅って何!?メリット・デメリットは!?

    お客様の声

    2022/11/26

    富山県で新築・中古住宅入居時のお祓い、どの神社にお願いする?

    お客様の声

    2021/08/26

    TOTOトイレ便座の付け根が割れた!交換部材を買う?出張修理?

    お客様の声

    2022/04/05

    こどもみらい住宅支援事業。こどもがいないとダメなの?

    お客様の声

    2022/04/04

    住宅購入の際の火災保険。結局どうすれば良い?

    お客様の声

    2024/01/06

    地震でクロスが割れた。タイルが割れた。これは地震保険適用内?

    お客様の声

    2023/07/11

    農地(田・畑)から宅地(雑種地含む)に地目変更すると、固定資産税はどうなるの?

    • ブログ購読

      いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

    安心・快適・満足を叶えます!

    (有)ランド・プラン 代表取締役

    高野 竜成

    住み続けられるまちづくりを

    中古活用・循環社会へ

    空き家が増え続けています。高岡市だけでも1万戸以上の空き家が存在し、今や『6軒中1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して、安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用・循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せ』と『持続可能な幸福社会』を創造する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

    PROPERTY

    取扱中物件

    PRESIDENT BLOG

    不動産屋のひとりごと

    不動産ご相談事例

    そのお悩み、ランド・プランで解消できますよ!

    ブログの更新通知を受け取れます!
    ブログサムネイル

    更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう