メニュー

2022/04/16
多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?
|
よくあるご質問

有限会社ランド・プラン

多世帯同居。この問題を考える時、どうしてもこの言葉が思い浮かびます。

「人間は感情の生き物である」

要するに

「冷静な情報分析のみで動く人間はいない」という事です。極論ですが。

「好き」か「嫌い」か。大抵の物事はそこで決まります。「不安」か「安心出来る」か。そこで決まる事も多いですね。

ただ、我々経営者ってのはそういうわけにはいきません。好きな事でも我慢しなければならない事もあるし、嫌いな事でもやらなければならない事もある。

「経営は感情よりも勘定」と言われる所以ですね。

損得勘定に合うのであれば自分の感情などは二の次。「凄い経営者」の中には結構そういう方がいらっしゃいます。それはそれで「人間離れしていて凄いなあ」と思います。

ちなみに言うと、戦争も感情ですからねえ・・・。損・得じゃないでしょう?大体の戦争は。自分だって結局得しません。

冷静に「勘定で」考えないといけないんですよ。無駄な侵略は徹底的に避けるべきです。これは大国間でも個人間でも同じ。

出来るだけ戦いを避けて勝つ。これが兵法の基本姿勢です。それでいうと。

多世帯同居の話も、やっぱり私は「無駄な侵略を避ける」というのが一番良いと思っています。これが青春映画ならね。思いっきり殴り合った後で川原に寝転がって

A太郎「お前、やるな・・・」

B次郎「お前もな・・・(ニヤリ)」

というので仲良くなれるのかも知れませんが、家族でそれは無理です。フツーに「犯罪」ですしね。

正面切ってやり合うのはとにかく避けた方が良いと思いますよ。避けられない戦いもありますが、どれだけ思いのたけをぶつけ合っても解決には繋がりません。

ではどうしたらいいか?回答は二つではないかと。

一つは、距離を取る。です。以前「ヤマアラシの理論」というのをご紹介しましたが、近すぎるとお互い傷つけあってしまうので、距離をとって「お互いを尊重」するんです。

距離を取れない場合は?

「第三者を中に入れる」です。いわゆる「調停」ですね。必ずしも法的制度としての「調停」ではなく、とにかく「間に誰か入って貰って」少しでも冷静さ・公正さ・公平さを確保するわけです。

そして、この「第三者」というのは基本的に「専門家」あるいは「相当の人間通」の方に入って貰う方がいいです。公正さを保つ為には双方が納得出来る「正しい知識と説得力」が必要だからです。

ちなみにこの調停する人。

かなり神経を使います。大変です。でも、そういう役割なんですよ。もしあなたが今そういう立場なら頑張って下さい。あなただけが双方を救えるんですよ。

私も頑張りますので。

プーチンさんももう、感情じゃなくて「勘定」で考えましょうよ。国連も、大変だと思いますが「人間の叡智を結集した機関」なんですから、もうちょい頭を絞り切って考えていただければ幸いです。私は人間の冷静さ・公正さ・公平さを信じてますよ!

カテゴリー |
よくあるご質問
タグ |
不動産トラブル
人気の記事
2018/09/14
この差って何?「予約中」と「成約済」と「SOLDOUT」
2018/06/09
金を残すは三流、仕事を残すは二流、人を残すは一流。一流の生き方とは?
2020/02/15
小矢部市道林寺プレミアム住宅、本日引渡し完了致しました。
2020/09/22
私道を通る時って通行料払わないといけないんでしょ?私道に接していると住宅は建てられないんでしょ?
2020/06/13
みんな、住宅購入にいくら位お金掛けているの?という話。
2019/05/15
どうせ死ぬのに、何故頑張って家を持たないといけないのでしょうね?という話。
2019/04/06
不動産屋なんていう仕事をしていると、怖い事もあるのですが・・・
2011/02/01
パナソニックエコキュートに緊急事態発生。直ちにエラーコードF15を撃墜せよ!
2020/08/03
毎日毎日なんでもありますなあ。中古住宅の雨漏り後日談。おカネを貰うって、やっぱり結構大変。
2019/08/18
住宅に神棚って必要ですか?どこに置けば良い?神棚がある家と無い家の末路
  • 最新情報をメールで確認

    メールアドレスを記入いただければ最新情報をメールで受信できます。いちいちホームページを確認する必要がなく、便利です。解除もすぐに出来ますよ!

全ての始まりは相談から!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

    • 1. 入力フォームで希望する物件条件を入力
    • 2. いただいだ希望物件の情報を元に、お客様に合った理想的な物件をご紹介。
    • 3. 電話・訪問・郵送営業等は一切行いませんので、安心してご連絡下さいませ。

PRESIDENT BLOG

代表者の鬱々不動産日記

それぞれ随時更新中

HOUSE TOUR

- ウェブ オープンハウス -