2020/09/12
不動産売買も新型コロナウイルスも、ノーリスクはあり得ない。投資もね。
|
不動産の探し方

有限会社ランド・プラン

不動産売買を毎日やってますと「ワケアリ物件」というのに良く出会います。というか

全件

ある意味における「ワケアリ」と言えるかも知れません。何故なら

未来は誰にも分からないから

です。以前、強風で「ゴルフ場のネット」が倒れて十数件の家が全壊したという事故がありました。

「じゃあゴルフ練習場の近くはやめておこう」と思ったとしても、例えば「隕石」が落ちてきたら?ヘリコプターや飛行機が落ちてくる可能性も否定出来ません。

何かのきっかけで「電柱」が倒れてくる事だってあるでしょう。

近隣状況も「今現在は」平穏でも、明日突然、お隣に「困った人が」来るかも知れません。「事件」の現場になる可能性だってあります。

これは「どんなに安全と言われる所であろうと、どんなに人気がある地域であろうと、どんなに高級な住宅街であっても」同じ事です。

ただ、当然「特にリスクが高い」という不動産はあります。崖の近くとか、津波が来たらマズイ地域とか。しかし絶対に

「リスクゼロ」

の判断などありえません。「この物件は何の心配もありません」という不動産屋は、私には信じられません。

あらゆる行動にはリスクが伴います。

では「行動しなかったら良いんじゃないの?」と思われます?

その場合は「行動しなかったリスク」が付いて回りますね。

とにかく「ノーリスク」はありえません。どうしても「ノーリスクじゃないとイヤだ」という方もいらっしゃいますが、とにかく断言します。ノーリスクの選択は、ありえません。

が、少しでもそのリスクを抑える事は出来ます。新型コロナウイルスで例えれば「手洗い」ですよね。勿論、これも「手洗いさえしておけば大丈夫」という事ではなく、これまた「ノーリスク」にするのは不可能なわけです。どれだけ予防したとしても、掛かる時は掛かるでしょう。

「そういう可能性もある」と、日頃から想定しておく事が大事なんじゃでしょうか。コロナもリスクも「完全な排除」など絶対に不可能なわけですから。「withコロナ・withリスク」です。

ま、毎日毎日「隕石が落ちてきたらどうしよう?」などと思いながら生きるのは、なかなかアホクサイ話ですけどね。

カテゴリー |
不動産の探し方
タグ |
人気の記事
2018/09/14
この差って何?「予約中」と「成約済」と「SOLDOUT」
2020/06/09
金を残すは三流、仕事を残すは二流、人を残すは一流。でもそんな事が、私に出来るのだろうか。
2020/02/15
小矢部市道林寺プレミアム住宅、本日引渡し完了致しました。
2020/09/22
私道を通る時って通行料払わないといけないんでしょ?私道に接していると住宅は建てられないんでしょ?
2020/06/13
みんな、住宅購入にいくら位お金掛けているの?という話。
2019/05/15
どうせ死ぬのに、何故頑張って家を持たないといけないのでしょうね?という話。
2019/04/06
不動産屋なんていう仕事をしていると、怖い事もあるのですが・・・
2020/08/03
毎日毎日なんでもありますなあ。中古住宅の雨漏り後日談。おカネを貰うって、やっぱり結構大変。
2011/02/01
富山冬の陣。エラーコードF15を撃墜せよ!パナソニックエコキュートを守れ!
2019/04/27
耳が良すぎるというのも、中々厄介で。不動産営業マンの特殊能力。
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入いただければブログ更新をメールで受信できます。いちいちブログを確認する必要がなく、便利です。解除もすぐ出来ますよ!

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

現在の物件情報

    • 1. 入力フォームで希望する物件条件を入力
    • 2. いただいだ希望物件の情報を元に、お客様に合った理想的な物件をご紹介。
    • 3. 電話・訪問・郵送営業等は一切行いませんので、安心してご連絡下さいませ。

PRESIDENT BLOG

代表者の鬱々不動産日記

それぞれ随時更新中

HOUSE TOUR

- ウェブ オープンハウス -