2018/10/19
全ての頑張る方へ。正しい”不動産”と正しい”人”の見方(評価方法)
|
不動産の探し方

有限会社ランド・プラン

突然ですが「ここがダメ。あれがダメ。それもダメ。全部ダメ。」不動産でも人でも、ついそう見てしまいます。

 

 

私も(一応)不動産業のプロであり、営業職でもありますので、不動産を見ても人を見ても、そりゃあ欠点はすぐ分かります。

 

 

しかし、そういう私にだって欠点があり(だらけという噂もある)、誰だって欠点があります。完璧な人は絶対に存在しません。

 

 

同時に「完璧な不動産」というのも存在しません。ここで最近知った言葉をご紹介しましょう。作家の三浦綾子さんの言葉です。

 

 

九つまで満ち足りていて

十のうち一つだけしか不満がない時でさえ

人間はまずその不満を真っ先に口から出し、文句を言い続けるものなのだ。

自分を顧みてつくづくそう思う。

なぜわたしたちは不満を後回しにし

感謝すべき事を先にいわないのだろう。

 

(『明日のあなたへ 愛するとは許すこと』集英社)

 

深い。深すぎる。

 

 

不動産でも人でも、毎日の生活でも「不満」というのは色々あると思います。なぜなら「完璧」な不動産も人も生活も存在しないからです。

 

 

しかし、不動産や人の「欠点」にばかりフォーカスを当てていると、良い不動産や良い人を見逃してしまうんです。

 

 

 

ということで現在、不動産を探しているのに「全然良いのが無い!」と思っている貴方。

 

 

 

今一度、上記の言葉を鑑みて、今まで見てきた不動産を見直してみてはいかがでしょう?

 

 

 

「確かにここは不満だけど、良く考えたらそれ以外は全部いいな。というか、全体的に考えたら結構いいな」と思える不動産が、きっとあるはずです。

 

 

 

不満を言う前に、満足出来るポイントをしっかり捉えて下さい。繰り返しますが、完璧な不動産など存在しないのですから。

 

 

 

不満を後回しにした時、そこにこそ「満足出来る」不動産が具現化してきますよ!

カテゴリー |
不動産の探し方
タグ |
不動産査定
|
不動産の探し方
お客様の声
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを登録いただければ更新のお知らせが送られてきます。いちいち更新を確認する必要がなく便利です。解除もすぐ出来ます。

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成