2020/12/17
正に「千三つ」。不動産探しとは「佐渡の砂金採り」。何万・何億の砂粒から宝物を見つけ出す!
|
不動産の探し方

有限会社ランド・プラン

不動産業界は「千三つ」と言われています。正確な定義は知りませんが、私は「千個話があったとしても、まとまるのは三つ程度」と解釈しています。

「千個話があったとしても、儲け話は三つ程」という説もありますが、ま、とにかく「話が纏まれば」それで良いじゃないですか。

てことで、私も連日色んなお客さんに物件をご紹介しますが、決まるのはその程度(千三つ)。って事は「どれだけ話があるんだ」という事なんですが「話」自体はいっぱいあるんですよ。

ただそれが「まとまらない」というだけで。

それだけ「不動産売買」ってのは難しいのです。正に「砂金採り」みたいな感じですね。ざっと掬っても中々「金」は見つからないという。

で、「どれだけ頑張っても金が出てこない!」となったらどうすれば良いのか?ですが、理論的に考えれば次の3つ位の方法があります。

①とにかく手数。ガンガン砂を掬いまくる。

②大きい笊を使って、一度に掬う砂を多くする。

③その場所に本当に金が存在するのか、一度立ち止まって考えてみる。

不動産探しで考えると

①とにかく手数。色んな物件情報(ネット・実物)を見まくる。

②最初から条件を絞り過ぎず、「違うなあ」と思ってもとりあえず候補に入れる。

③本当に現在の条件で探すのが現実的なのか、考え直してみる。

みたいな感じでしょうか。

まあいずれにしても、砂金採りでも不動産探しでも大事なのは「場所の選定」です。

そしてその次に大事なのは・・・

忍耐力と希望。

つまり持続した

「精神力」です!!

カテゴリー |
不動産の探し方
タグ |
|
不動産の探し方
お客様の声
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを登録いただければ更新のお知らせが送られてきます。いちいち更新を確認する必要がなく便利です。解除もすぐ出来ます。

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成