2020/03/01
ネタいただき。住宅ローン控除申請の「不動産売買契約書・工事請負契約書」の印紙貼付問題!
|
不動産取引後日談

有限会社ランド・プラン

一昨日、あるお客様からメールをいただきました。内容はこちら

今日メールしたのは年末調整についてです。
しかも私の〇〇〇〇〇(代表者注:某住宅会社)の件なのですが 、工事請負契約書を持ってきてと税務署に言われ手元の契約書確認すると印紙貼ってなくて (住宅会社に)問い合わせしたら

お疲れ様です。 請負契約書の収入印紙の件ですが、本来は請負業者とお施主様の双方で印紙を貼るものである為、コピーをお渡しする行為は 脱税を促す行為にあたり、当社では禁止となってしまいました。お力になれず大変申し訳ございません。

と店長から返信ありました。 私が印紙買って貼れば良いんですかね? 双方の割印とか必要ないのでしょうか? と送りましたがスルーです そんなもんですか?

という内容。補足しますと、これは「住宅ローン控除」のお話です。

ローン控除を受けるためには「税務署で確定申告の手続き」が必要なのですが、この時 「工事請負契約書」の添付が必要になります。(新築の場合。中古住宅の場合は「不動産売買契約書」) そして今回のケースはその契約書に

「収入印紙が貼って無かった」というお話です。

正確に言うとこまかーい話になるので端折りますが、そもそも「契約書」には「所定の印紙」を貼って割印しないといけません。根拠条文は「印紙税法」かな? ちなみに、これをしないと確かに「脱税」になってしまいます。ではどうすれば良かったか?

実はこの問題「色んなやり方」はあったのですが、そもそも「二通原本を作ったのであれば」最初から双方に印紙を貼って割印しておくべきでした。

そしてもしも「各自で印紙を買って貼りましょう」というのであれば、その辺りはしっかりとお客様に説明し、「脱税になるので」と念押しもしておくべきでした。

事前に。

しかし・・・

「もしお客様が契約書を紛失していたら」この会社はどう対処するのでしょうね?それでもコピーを渡さないのでしょうか?

あ、それと「割印」のお話もありますが、印紙は「誰か当事者一人の」印鑑で消しておけば十分です。たまに

「双方のハンコを押せ!」と言ってくる上司もいましたが、それはあくまでも「形式論」です。

印紙は「貼るだけだと」また再利用出来てしまって意味ないので、とにかく「誰かの印鑑で」消せば十分です。ご安心下さい!

カテゴリー |
不動産取引後日談
タグ |
住宅ローン(減税)
人気の記事
2018/09/14
この差って何?「予約中」と「成約済」と「SOLDOUT」
2020/02/15
小矢部市道林寺プレミアム住宅、本日引渡し完了致しました。
2020/09/22
私道を通る時って通行料払わないといけないんでしょ?私道に接していると住宅は建てられないんでしょ?
2020/06/13
みんな、住宅購入にいくら位お金掛けているの?という話。
2020/06/09
金を残すは三流、仕事を残すは二流、人を残すは一流。でもそんな事が、私に出来るのだろうか。
2019/05/15
どうせ死ぬのに、何故頑張って家を持たないといけないのでしょうね?という話。
2019/04/06
不動産屋なんていう仕事をしていると、怖い事もあるのですが・・・
2020/08/03
毎日毎日なんでもありますなあ。中古住宅の雨漏り後日談。おカネを貰うって、やっぱり結構大変。
2011/02/01
富山冬の陣。エラーコードF15を撃墜せよ!パナソニックエコキュートを守れ!
2019/04/27
耳が良すぎるというのも、中々厄介で。不動産営業マンの特殊能力。
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを登録いただければ更新のお知らせが送られてきます。いちいち更新を確認する必要がなく便利です。解除もすぐ出来ます。

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

しょーもない半生 / 評判

大学卒業後、しばらくのプータロー生活を経て高岡市美術館警備員となるも、余りの退屈さに耐え切れず3か月で退職。その後タカノ一条ホームに入社。余りの過酷さに耐え切れず半年で退職。 「次の職場では絶対に自分から辞めると言わない!」と決意を固め、2002年1月に外資系サラ金会社に入社。1年目から延滞管理を任され、2年目から延滞管理と共に貸付業務も担当。周囲の人達に鍛えられて(支えられて)3年目で不動産担保融資実績富山県第1位。翌年金沢支店に異動、同実績石川県第2位。「来年から高岡支店長に」との内示を貰う。
内示があった矢先、消費者金融業界が「グレーゾーン金利問題」で大荒れ。会社側から早期希望退職の募集があったので「辞めるなら今しかない(自分からじゃないもーん)」と決断、2006年9月退職。 以前から興味があった行政書士の試験勉強に集中し、60日間の猛烈勉強で行政書士試験に合格、即・独立開業。
行政書士として相続・離婚・借金問題等を少なからず解決に導いたものの「採算」を全く無視した経営を行ってしまい、圧倒的に収入が無い日々を経験(この頃が人生で一番痩せていた時期です)。2007年11月に至ってついに自己資金ゼロ。かつ、そのタイミングで長男が誕生。妻子を養う為、失意の中でランド・プランに転がり込む。
入社後すぐに「自分に不動産業は合わない」と確信。言われた事だけをこなし、暇さえあればネットで転職先を探し続ける日々を約4年間続ける(結構長くイジケてます)
2011年3月12日「今ある環境に感謝して最善を尽くす」と誓ってようやく真摯に不動産業と向き合い、2015年3月代表取締役就任。以降は過去のグダグダした人生を反省し、真剣に生きてます。

評判