2020/06/16
中古住宅で雨漏り発生!何故ランド・プランはプレミアム住宅にこだわるのか。
|
不動産取引後日談

有限会社ランド・プラン

先日、富山県でヒドイ大雨がありましたね。確かどこかの市町村では「6月の観測史上で最大雨量」だったとか。

自然災害って、ホント怖いですよ。

地震も怖い、台風も怖い、大雨も怖いですし、今回の

「新型コロナウイルス」という自然災害も怖いです。

・・・

コロナについては一部「人為的災害だ!」という人もいますが、まあ、人も「自然の一部」ですから、もしそうであっても自然災害です。

それはそうと、ようやく本題です。(いつもながら長い)

その「大雨」で、以前弊社中古住宅をご購入いただいたお客さんから連絡がありまして。内容は

「雨漏り」でした。

雨漏り。中古住宅を扱う業者にとって、上位3つに入る位イヤなもの。それが雨漏り。

私が設計したわけでもなく、私が施工したわけでも無いんですが、それでも私から直接「買っていただいた」以上、責任を取らないといけないイベント。それが

AMAMORI

ハリウッドでやって貰いたい位ですよ。

AMAMORI

って。

なんなら映画の予告版を今すぐ動画で撮影したい所です。私のような中古住宅をメインに扱う不動産業者が、どれだけ雨漏りと戦ってきたか。

という冗談もさておき。

どうしても「避けられない事」ってあるんですよ。どれだけ真面目にやってても。ある時はあるんです。だからこそ私は

「5年保証」の住宅を扱いたいんですよねえ。弊社の「プレミアム住宅」などです。今回のお客さんの場合も、実は「引き渡しから3年後」の雨漏りでした。

実際、普通の不動産業界では「保証期間なし」か、あっても「保証期間2年」というのが常識なのです。でもそれだと、今回のような「3年後」の雨漏りは保証されないわけで。

まあ、「それなら5年といわず、10年でも20年でも30年でも保証しろよ!」と言われそうで、それはまあその通りなんですが、現実的には色々難しい問題があり。(長くなるのでまた)

でもとりあえず、「保証なし」より「保証あり」の方が安心出来るでしょう?

そして

「保証期間2年」より「保証期間5年」の方が安心出来るでしょう?

加えて

「誰に言えば良いのか分からない」より「高野に相談すれば(一応)何とかなる」の方が(少しは)安心出来るでしょう?

そーゆーことですよ。

雨漏りは「ここ!」というのが中々特定出来ないので、実際の解決は本当に大変なんですが、住んでいる側からすれば、そりゃあ心配なわけで。私としても

「何とか早く解決させたい」と思ってますし、それだけの努力はしてますので、どうか気持ちだけは

「晴天のような」感じで、一緒に頑張りましょ♪

カテゴリー |
不動産取引後日談
タグ |
アフターフォロー
中古住宅
人気の記事
2018/09/14
この差って何?「予約中」と「成約済」と「SOLDOUT」
2020/06/09
金を残すは三流、仕事を残すは二流、人を残すは一流。でもそんな事が、私に出来るのだろうか。
2020/02/15
小矢部市道林寺プレミアム住宅、本日引渡し完了致しました。
2020/09/22
私道を通る時って通行料払わないといけないんでしょ?私道に接していると住宅は建てられないんでしょ?
2020/06/13
みんな、住宅購入にいくら位お金掛けているの?という話。
2019/05/15
どうせ死ぬのに、何故頑張って家を持たないといけないのでしょうね?という話。
2019/04/06
不動産屋なんていう仕事をしていると、怖い事もあるのですが・・・
2020/08/03
毎日毎日なんでもありますなあ。中古住宅の雨漏り後日談。おカネを貰うって、やっぱり結構大変。
2011/02/01
富山冬の陣。エラーコードF15を撃墜せよ!パナソニックエコキュートを守れ!
2019/04/27
耳が良すぎるというのも、中々厄介で。不動産営業マンの特殊能力。
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入いただければブログ更新をメールで受信できます。いちいちブログを確認する必要がなく、便利です。解除もすぐ出来ますよ!

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

現在の物件情報

    • 1. 入力フォームで希望する物件条件を入力
    • 2. いただいだ希望物件の情報を元に、お客様に合った理想的な物件をご紹介。
    • 3. 電話・訪問・郵送営業等は一切行いませんので、安心してご連絡下さいませ。

PRESIDENT BLOG

代表者の鬱々不動産日記

それぞれ随時更新中

HOUSE TOUR

- ウェブ オープンハウス -