2020/04/29
「他にも声掛けてます」と言われると途端に冷める。煽るのも煽られるのも嫌いなこの性分⤵
|
不動産屋の日常業務

有限会社ランド・プラン

以前の話ですが。高岡市某所のある方から「中古住宅を売りたいので不動産査定をして欲しい」というご依頼がありました。

普通に物件調査しまして、普通に「不動産査定書」を提出したのですが・・・

「こんなに安いんですか!?〇〇(他の不動産会社)は、もっと高い金額言ってましたよ!!」

との事。

なるほどね。

じゃあ、その不動産会社で売って貰えば良いだけの話じゃないですか?「本当に」その金額で売れるものならね。

なーんていう冷たい言葉は言いません。心の中で”つい”そういう言葉が出てしまいましたが、すぐ封じ込めまして、正直に、

「こういう理由なので売りにくいと思います。売り出すとしたら〇〇万円位が限界だと思います」とお伝えしました。

相性というのもあるかも知れませんけどね。私は「張り合う」のが嫌いなので上記のような場合だと

「逆に引いてしまう(そちらの不動産業者さんで進めて下さい。どーぞどーぞ)」のですが、不動産業者によっては

「そんな相手には絶対負けません!」と熱を帯びる人もいるのかも知れません。

でもねえ・・・

相手がいないと熱を帯びないってのも、マズい話でしょ。

私は「相手がいてもいなくても」やる事は一緒ですし、不動産査定結果も変わりません。テンションも変わりません。いつもの

鬱々っとした感じです。

でもやっぱ、こんな私でもちょっとテンションが上がるのは

「これは是非高野さんにお願いしたいんです!」と言われる事ですかね。

テンションが上がる分

「いつもより余計に回しております♪」

状態にはなるかもしれません。ま、その分プレッシャーも増えますので、

痩せる可能性も、また増すわけですが・・

カテゴリー |
不動産屋の日常業務
タグ |
不動産査定
お客様の声
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを登録いただければ更新のお知らせが送られてきます。いちいち更新を確認する必要がなく便利です。解除もすぐ出来ます。

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成