2020/03/17
不動産屋が銀行に同行すると住宅ローンが通りやすくなる!?(その融資、通るか通らないか!?)
|
不動産屋の日常業務

有限会社ランド・プラン

という話です。以前、あるお客様が「二つの銀行で住宅ローン通らなくて・・・」と落ち込んでおられました。一つはネットで、もう一つは店頭で審査を申し込んだのだそうです。しかし結果は

「二行とも融資不可」。

確かに最近、住宅ローンの審査が厳しめになった事は、私も肌で感じておりました。

結論としてこの場合は、私の方で別の銀行をご紹介&同行させていただきまして、無事承認がおりました。

しかし、この差って何!?と思いません?お教えしましょう。

まず「ネット審査」ですが、これは「融資する側からしても」結構やりにくいモンなんです。

いや、やりにくいと言いますか「画一的な審査」になるのです。年収額がいくら、返済比率がいくら、勤務形態がどう、勤続年数がどう、家族構成がどう、年齢がどう、と言った

「数値」の審査しか出来ないわけです。いわゆる

「ゲタを履かせられない」という事ですね。ゲタを履かす。つまり「加点」です。数字的に

「融資okかな~、いやー難しいな~」という時に「数値では表せない」所で加点があると、審査は通りやすくなります。

ちなみに私は以前「消費者金融」に勤めてましたが、与信審査のポイントは3つと習いました。いわく

R.S.C。

Rは、Real estate(リアルエステイト)の頭文字で、「不動産」を持っているかどうか。

Sは、Statusの頭文字で、「社会的地位や立場(収入も含む)」。

そしてCが

characterの頭文字で、「人間性・性格」です。

この三つで判断しろと言われていました。つまりこれは、逆に言うと

不動産を持ってなくて、ステイタスがちょっと弱くても「人間性」が良ければ加点になるという事です。

あとはやはり「いつもいつも顔出している不動産業者からの紹介」だと、銀行の方も「いつも案件貰ってるし、何とか通してあげたいなあ」と思うものですし、実際「安心」でもあります。

やはり

一見(いちげん)さん」にお金を融資するのと、「(一応)信頼している業者から紹介された人」にお金を融資するのでは、どちらが「より不安が薄い」かというと、答えは決まってますよね。

そういうわけで、たとえ一つの銀行で融資が不可でも、他に手はあるのです。あきらめずに「今出来る事を」しっかりとやっていきましょう!

ちなみに最後に書いておきますが、裏技的に、無理に通したわけではありません。「通って当然の方」なのに、審査の都合で通らなかっただけなんですよ。私がやったのは「銀行の不安を和らげた事」に過ぎません。

そもそも私が何をどう計算しても、本来なら

通って当然の方

だったんですから。

カテゴリー |
不動産屋の日常業務
タグ |
住宅ローンとマネープラン
お客様の声
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを登録いただければ更新のお知らせが送られてきます。いちいち更新を確認する必要がなく便利です。解除もすぐ出来ます。

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成