2020/08/17
今年の甲子園は、泣けましたよね。
|
不動産屋の日常業務

有限会社ランド・プラン

お盆休み、ずっと高校野球を見ていました。「交流試合」ですね。

選手はモチベーション維持が大変だったろうなあと思います。高校野球なんて、

夏は暑いし冬は寒いし練習はキツイし監督には叱られてばかりだし休みは無いし坊主にしないといけないし先輩は怖いし後輩は言う事聞かないしで、大変ですよ。

大分愚痴ってますが。ただまあ、こんな愚痴るヤツは、

絶対下手くそですよね(私の事ですよ笑)

それにしても、今年はいつにも増して「引き締まった試合」が多かったなあと思います。やはり「勝っても負けてもこれが最後」と言う事が分かっているからでしょうか。全ての人が、素晴らしい集中力と躍動感でした。(審判まで)

無観客だったのは選手・関係者にとって可哀想な気もしましたが、私としては「選手達の肉声」が聞こえ「粛として厳」とした雰囲気もあり、見ていて清々しいものを感じました。

それはそうと、実際「このまま試合をやり続けたら甲子園でもっと勝ち続けただろうな」というチームがいくつかありましたね。

「今年はすごいチームなのに」

「今年のチームだったら上までいけたのに」

と、悔しい思いをした監督さんも多かったでしょうね。でも大丈夫ですよ。

「来年は」もっとすごいチームになってます。

結局「どんな状況下にあっても、その時に出来る最善を尽くす。尽くし続けるしかない。」という事じゃないかなあと思います。

今年の高校生は、学生時代に(本当に不本意な話でしょうが)そんな事を知り得る体験を出来ました。

今までフツーだった事が(よりによって)、自分の時だけ出来ない。

でも、人生の早い段階でそういう経験を経た人は将来きっと

「恐るべき社会人」になります。

ワシも負けんぞ・・・

カテゴリー |
不動産屋の日常業務
タグ |
お客様の声
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを登録いただければ更新のお知らせが送られてきます。いちいち更新を確認する必要がなく便利です。解除もすぐ出来ます。

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成