2020/04/18
何事にも「ピーク」は訪れる。流れも変わる。変えられる。変えましょう。明るく花を咲かせましょうよ!という話。
|
不動産屋の日常業務

有限会社ランド・プラン

先日、テレビで「魔女の宅急便」が入ってましたね。未だについ見てしまうんですよねえ。

で、昔(私が中学生の頃)はやっぱり「子供(キキ目線)」で見ますよね。

「仕事って大変だなあ」とか。

「大人になるって面倒くさいなあ」とか。

「この孫娘めっちゃムカつくな!」とか。(かぼちゃとニシンの包み焼のエピソード)

しかし今は

「親目線」で見てしまいます。「我が娘も、ちゃんとこんな感じで社会に馴染んでいけるのだろうか?」とか。

そう思いながら我が娘を見ると、相変わらず地べたに座って、ソファを机代わりに何やら「勉強らしきこと」をしています。(決して勉強ではない)

それにしても魔女の宅急便、「ちょっとした描写も丁寧」というか「上手く演出」しているというか。思わず私、

「魔女の宅急便、今みても本当に上手く作っとるな・・・」とつぶやくと娘、

「確かに。ハヤオのピークかも知れんな。」

との事

ハヤオって。宮崎駿監督やろ!お前は一体何様だ!!

しかしまあ、宮崎駿監督の「ピーク(全盛期)がどの作品か?」は、ジブリファンの中でも大きく分かれる所でしょうね。

ちなみに私は作品としてはナウシカが好きで、

エンターテインメントとしてラピュタはすんごい面白いなあと思っていて、

トトロは不朽の名作だと思っていて、

千と千尋の神隠しは、結構「神ってる!」と思っています。

以上、(長い)余談でした。さて・・・

宮崎駿監督であろうとどんな人であろうと(イチローでさえ)「ピーク」があるように、新型コロナ騒動にも「ピーク」はあります。

ピークを越えても「力」は無くならないかも知れませんが

勢いは必ず落ちます。

その時までは。

我々も

ぐっとこらえて

その後に

明るく花を咲かしたい所ですね。

 

そういえばキキも一時、魔法が使えなくてヤバかった時期がありました。

あの時はどうしたかと言うと。

ウルスラ(という異質の存在)と出会って交流した事で「心をオープンにして」流れを変え、そのうえでトンボという

「ある意味での敵対勢力(ある意味で、ですよ?)」の危機に直面して。

ここからが大事な所なんですが、

「他人を心から”助けたい”と思った瞬間に」

「覚醒」

したわけです。と、私は解釈しています。

なので、多分ですが、我々にもどこかに「覚醒のチャンス」が必ず来ます。

それならその時にちゃーんと

花を咲かせないと

それにしても「キキの危機」か・・・

決して狙ったわけではありませんよ。(狙ってたらサブいでしょ・・・)

カテゴリー |
不動産屋の日常業務
タグ |
震災・台風・雨漏り・水害
お客様の声
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを登録いただければ更新のお知らせが送られてきます。いちいち更新を確認する必要がなく便利です。解除もすぐ出来ます。

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成