2020/11/29
最近立て続けに「他社不動産業者」の物件ばかりご紹介しています。大分慣れましたけどね。という話。
|
不動産屋の日常業務

有限会社ランド・プラン

最近「他社取扱物件」のご案内ばかりしている私です。以前は苦手だったんですが、今は「大体顔も通じるし」やりやすくなりました。

昔は何がやりにくかったかというと「鍵の手配」が苦手だったのですよ。皆さんには関係ありませんが、不動産業者はお客さんから他社物件について相談があると、まず売方業者に

「物件を紹介させて貰って宜しいですか?」という確認をします。たまーに「いや、もうちょっと待ってや」と断られる時もありますし、新人の時は「誰よ?お前?大丈夫か?」みたいな感じで対応される時もあります。

で、okが出たら「鍵の手配」なんですが、物件に鍵ボックスが付いている場合と、鍵を売方業者の所に行って預かってくる場合があります。当然プレッシャーがかかるのが後者。

鍵を借りに行って、案内が終わったら返す。返す時に「状況報告」をするわけですが、いつもいつも「検討しますと言っておられました~」とか言っていると「コイツ、営業力ねえなあ」と思われてしまいます。鍵の閉め忘れとか電気の消し忘れとかあったら信用問題になりますしね(一気にダメ営業マンと思われる)。

でもやっぱり「他社物件案内」って私自身も楽しいんですよね~。何故なら「初めて見る物件」ですから。そして「初めて見る物件」だからこそ色々調べるわけです。お客さんよりも先に行って周辺環境を見て回ったり、近所の人がいたら話を聞いてみたり、売方業者から「根掘り葉掘り」情報を収集したり。

てな感じで、結構神経を使うのですが、大変勉強になる事も事実です。もし不動産屋を目指す方がいらしたらまずこの「他社物件紹介」から仕事を始められる事をお薦め致します。

そして是非。

弊社物件を、販売して下さいませ・・・

カテゴリー |
不動産屋の日常業務
タグ |
不動産業界の実務
お客様の声
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを登録いただければ更新のお知らせが送られてきます。いちいち更新を確認する必要がなく便利です。解除もすぐ出来ます。

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成