MENU

2023/05/15
女房と畳は新しい方が良い?女性とワインは古い方が良い?リノベーションは富山県で受け入れられるか?
|
不動産屋の日常

有限会社ランド・プラン

先日。某新聞社の方を通じて弊社に『某リノベーション事業者さん』がいらっしゃいました。本社は県外にあるんですが、この度富山県に支店を作り、これからこの地で『中古住宅活性化の為に』頑張っていきたいという事でした。

色々お話してたんですが、その方の一番大きな主張としては『中古住宅と言う選択肢がある事を、今から住宅を購入される方にもっと知って貰いたいんです!』との事でした。

新築費は上がる。収入は上がらない。その代わり住宅のリノベーション性能は上がっている。これは新築ほどのコストは全く掛からない。じゃあ「中古住宅+リノベーションでいいじゃないですか!」という内容です。

私も全く同感です。素晴らしい趣旨です。しかし。

ここ富山県では『新築住宅に対する信仰』が非常に根深いので、それは中々難しいでしょうね。とはお伝えしました。

冷たいと思います?しかし事実ですからね。

私だって『家は絶対中古住宅がいい!』と思っていますし、少なくとも『家は新築だけじゃなく、中古住宅という選択肢もあるんだ!』と言う事は、是非知っておいていただきたいとは思っています。

しかし。それでも。

富山県の場合は難しいでしょう。今後、どれだけ新築費が高くなろうとも。リフォーム・リノベーション技術が向上して『質的には新築と中古の差は殆ど無い』と言われる日が来ようとも。

なぜならそれは。

『人が持つ価値観』の問題だからです。

いくら中古住宅がリーズナブルだろうと、リノベーションして快適に住めるとしても、人の脳に埋め込まれた思考回路はそう簡単には変わりません。

中古住宅=なんとなく不安

新築住宅=なんとなく安心

という。

『誰かそんな、昔ながらの価値観を変えてくれる人が出てくれませんかね!?』というご質問もありましたが、確かに時代はそういう人を待ち望んでいる気もします。それは誰なのか。

私としても『女房と畳は新しい方がいい』という日本の価値観から『女性とワインは古い方がいい』という、西洋の価値観に移行しなければならないのでは無いかと、常々思っています。

何が何でも「新しい方が良い」ってのは、家にも畳にも女性にも、大変失礼な話ですからね。

価値観を変える戦い。ですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
不動産屋の日常
タグ |
リノベーション
築年数

7大お悩み相談

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

よくあるご質問

お客様の声

2020/03/17

不動産屋が銀行に同行すると住宅ローンが通りやすくなるの!?(その融資、通るか通らないか)

お客様の声

2022/10/31

会社経営って大変じゃないですか?今の会社を辞めて起業してもちゃんと生活出来るでしょうか?

お客様の声

2018/09/14

この差って何?違いは何?不動産取引の「予約」と「売約(成約)」と「SOLDOUT」

お客様の声

2022/04/04

住宅購入の際の火災保険。結局どうすれば良い?

お客様の声

2022/10/08

「どうやって良い不動産業者を探せばいいんですか?」ネットリテラシーの差で生じる情報格差。

お客様の声

2019/12/31

「住宅ローンって、早く返した方が得なんですよね?」

お客様の声

2022/01/12

住宅ローン控除(減税)に関するご質問をいただきましたので。確定申告実践編。

  • 最新情報をメールで確認

    フォローいただけますと最新記事があなたのメールボックスに届きます。いちいちホームページを確認する手間が無く、便利です。解除もすぐ出来ます。

お客様の声で日々進化!

ランド・プランのプレミアム中古住宅は
下記『8つの基準』を全て満たしている

『安心・快適・満足』を叶える住宅です
scroll me

『つくる責任 つかう責任』『住み続けられる街づくり』

そんな安易に家を建てて良いんだろうか?

これが弊社の率直な疑問です。『建築費の高騰・賃金の低迷・ローン金利の上昇懸念』の三重苦で我々が『安心できる住まい』を持つ事が年々難しくなっています。その一方で『空き家の数』は増加の一途を辿っており、この解消も我々に課せられた大きな社会的課題です。そこで弊社は『今ある家を使って安心できる住まいを提供する』と決意しました。大量生産・大量消費社会から必要生産・循環型社会へ。プレミアム中古住宅は『あなたの悩み』と『我々の社会的課題』を同時に解決する『たかおかSDGs』対象住宅です。

私がサポート致します!

有限会社ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PRESIDENT BLOG

代表者の鬱々不動産日記

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう
  • PROPERTY

    取扱中物件