MENU

2024/04/16
高岡法科大学、2025年度以降の募集停止。イチ卒業生の想い
|
不動産屋の日常

有限会社ランド・プラン

高岡法科大学が来年度以降の学生募集を停止するというニュースがありました。で、2028年に廃止されるとのことで。そういえば先日、私の自宅にも郵便で案内が届いておりました。

少子化で入学者が減少して定員割れが続いていたそうで、『そりゃそうだろうな』とは思います。少子化は日本中、どこにでもある問題ですが、こと『地方』においては特に避けられない問題ですからね。

高岡法科大学は1989年に開校し、私が入学したのが1994年で、確か『6回生』だったと記憶しています。その卒業生からすると我が母校が廃止されてしまうのは寂しい。

とは特に思いません。役目を終えたという事でしょう。致し方のない事です。人の命に限りがあるように学校の命にも限りがあるのでしょう。会社もそうですね。

高岡法科大学は文字通り『法学』を学ぶ学校だったわけですが、中でも私としては『民法』を学ぶ事が出来たのは相当大きかったです。そのお陰で、2年の時に宅建(宅地建物取引主任者試験)に合格する事が出来ましたからね。

宅建において『民法』は相当に大きな比重を占めるわけですが、しかし、それ以上に『これは知っておいて良かったな』と思う概念があります。それが『リーガルマインド』です。

リーガルマインドとは。

ザックリ言えば『法に基づいた論理性と公平性』だと思っています。例えば何かトラブルがあって、二者が相対する主張を述べて争っている時があるとします。こういう時、どうやってそのトラブルを収めるか?あなたならどうします?

一つの解決法としては『じゃんけんで勝った方の主張を認める』という事が考えられますよね。

あるいは『クジ引きで当たりを引いた方の主張を認める』というやり方もあります。それこそ『殴り合い』とか『戦争』で勝敗を決するというやり方もあります。

しかし、あなたがトラブルの当事者だったらそんな解決法で納得出来ます?単に運が強い人の主張が認められたり、腕力の強い人の主張が認められたりするんですよ?私なら絶対に嫌です。

ということで。

そこにはやはり『双方が(一応)納得できる』論理性と公平性が必要になるわけです。一応と書いたのは、どうやっても負けた方(主張を認められなかった方)に不満が残るのは致し方のない所だからです。

絶対の満足は得られないかも知れませんが、『そういう事なら仕方ない』と、双方大人しく鉾を収める事が出来るかどうかが大事なポイントで、その辺を一言で表現すると『リーガルマインド』という事になるんだと私は理解しています。

それを私は大学で学びました。

逆に言えば。

私が大学四年間で学んだ事はそれだけですw

それだけなんですが、『大まかな考え方』さえ分かればあとは細かい話です。どうせ人間、生きている限り社会でたくさん勉強しないといけないわけですからね。大学だけが勉強の場というわけじゃありません。

高岡法科大学は、私という卒業生を排出しました。それだけで十分素晴らしい。

・・・

冗談です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
不動産屋の日常
タグ |
宅地建物取引士

7大お悩み相談

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

よくあるご質問

お客様の声

2022/04/05

こどもみらい住宅支援事業。こどもがいないとダメなの?

お客様の声

2024/01/18

高岡市某所の土地売買完了。隣地を少しだけ欲しい時はどうする?

お客様の声

2020/12/18

必要?無用?地鎮祭はやるべき?実際に地鎮祭を行われた方の声。

お客様の声

2019/06/24

不動産売買の「違約金」って何ですか?何されるんですか?

お客様の声

2023/04/24

凍結を原因とする水漏れ。水道料の減免申請って?

お客様の声

2024/01/11

地震で家のクレセント錠が勝手に外れた!窓が開いている!なぜ?

お客様の声

2023/07/20

洗面台が壊れた!これって保証の範囲内?火災保険の『破損・汚損等』って?

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

安心・快適・満足を叶えます!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

住み続けられるまちづくりを

中古活用循環社会へ

空き家が増え続けています。高岡市だけで11,000戸の空き家が存在し、『6軒に1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用循環社会へ。ランド・プランはあなたの幸せと持続可能な幸福社会を実現する『たかおかSDGsパートナー』です。中古住宅に関するご相談ならお気軽に!

ご相談者の声

あなたもお気軽にご相談くださいませ

PRESIDENT BLOG

現在の販売状況・お知らせ等

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう