2022/01/03
空き家・中古住宅を売却しようと思った時にやるべき事
|
不動産戦略(売却編)

有限会社ランド・プラン

たまには不動産屋らしい事書いておきましょう。題して「空き家・中古住宅を売却しようと思った時にやるべき事」。です。

シンプルですね。そのまんまです。

説明もシンプルに3箇条としましょう。

1.空き家・中古住宅の特定

当たり前ですが「どこの・何を」売りたいのかが特定されないと売れません。この時に「あると分かりやすい」のが「固定資産税納付書」です。

これがあると「どこに・どんな物件があり」「毎年いくら課税されているのか」が分かります。結構重要な資料です。

2.名義人の確認

不動産の場合、例えば表札に名前が出ていても「所有者」とは限りません。ご家族所有の事もありますし、他人から借りている場合もあるからです。また「土地と建物で」異なる名義の場合もありますし「二人以上で共有」している場合もあります。

ちなみに上記1の「固定資産税納付書」に書かれている人が所有者。

と思っておられる方もいらっしゃいますが、違います。大抵の場合はそうなんですが、必ずしも一致しません。ここは「不動産登記事項証明(いわゆる登記簿謄本)」で「実際誰が所有者なのか?」を調べる必要があります(が、実際その辺は下記3で不動産業者に調べて貰った方が良いでしょう)。

3.信頼出来る(出来そうな)不動産業者に相談する

上記1,2をクリアしたら「信頼出来そうな」不動産業者に相談する事です。セオリーとしては。セオリーというのは「そんなもん、相談しなくても自分で売れるわい!」という方法もあるからです。

不動産を反復継続して売買する場合は「宅建業」の免許が必要ですが、自分の家を「一度だけ」売るのに免許は要りません。世間では「個人間売買」などと言われますが、ご自分でご自分の家を売る事は不可能ではありません。

しかし、売買価格の決定・不特定多数への情報発信・取引中のトラブル回避・取引後のトラブル防止・買い手からの安心感を考えると、不動産業者に依頼した方が「結果的にお得」と思います。手数料を払っても。

地域に強い不動産業者を選ぶのも重要な事です。必ずしも弊社に相談される必要はなく、貴方の近くに不動産業者はいますので、是非空き家・中古住宅の売却をご検討の場合は相談してみて下さい。

ちなみに弊社の場合、空き家・中古住宅売却の相談は相談料として5500円頂戴しております。が、高岡市・小矢部市・射水市の「築40年未満」の住宅は無料です。

良かったら利用してみて下さいませ。

なんか宣伝みたいになってしまいましたね!

カテゴリー |
不動産戦略(売却編)
タグ |
空き家相談
人気の記事
2018/09/14
この差って何?「予約中」と「成約済」と「SOLDOUT」
2020/06/09
金を残すは三流、仕事を残すは二流、人を残すは一流。でもそんな事が、私に出来るのだろうか。
2020/02/15
小矢部市道林寺プレミアム住宅、本日引渡し完了致しました。
2020/09/22
私道を通る時って通行料払わないといけないんでしょ?私道に接していると住宅は建てられないんでしょ?
2020/06/13
みんな、住宅購入にいくら位お金掛けているの?という話。
2019/05/15
どうせ死ぬのに、何故頑張って家を持たないといけないのでしょうね?という話。
2019/04/06
不動産屋なんていう仕事をしていると、怖い事もあるのですが・・・
2020/08/03
毎日毎日なんでもありますなあ。中古住宅の雨漏り後日談。おカネを貰うって、やっぱり結構大変。
2011/02/01
パナソニックエコキュートに緊急事態発生。直ちにエラーコードF15を撃墜せよ!
2019/08/18
住宅に神棚って必要ですか?どこに置けば良い?神棚がある家と無い家の末路
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入いただければブログ更新をメールで受信できます。いちいちブログを確認する必要がなく、便利です。

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

現在の物件情報

    • 1. 入力フォームで希望する物件条件を入力
    • 2. いただいだ希望物件の情報を元に、お客様に合った理想的な物件をご紹介。
    • 3. 電話・訪問・郵送営業等は一切行いませんので、安心してご連絡下さいませ。

PRESIDENT BLOG

代表者の鬱々不動産日記

それぞれ随時更新中

HOUSE TOUR

- ウェブ オープンハウス -