メニュー

2018/10/03
最近空き家も多いし、中古住宅なんか、待っていればそのうちもっと安くなりますよね?というご相談について。
|
不動産戦略(購入篇)

有限会社ランド・プラン

最近良く

「今時は空き家も多いし、中古住宅なんか、待っていればそのうちもっと格安で良い物件が手に入りますよね?」といったような事を言われます。

まあ確かにそうかも知れないんですが、それは「電化製品もどんどん進化していくし、もうちょっと待ってた方が高機能で低価格のモノが出ますよね?」

みたいな話と一緒です。

ちなみに私、最近久しぶりにテレビを購入しました。実に14年振り。サイズは恥ずかしいので言いませんが、それなりの大きさで、金額は8万円台でした。

では14年前に買ったテレビはどんなのかというと、32インチで、今回のテレビより大分小さいくせに、金額はヨユーで20万を超えてました。

これだけ考えると「14年前にテレビを買った行為は勿体ない」という議論も成立します。つまり

「20万以上も出して32インチ程度のテレビしか買えないのだったら、14年間ガマンして8万円台でもっと大型のテレビを買っておけば良かったのに。」

という議論です。

確かに「金額だけ」見ればそうなんですが、当然ながら忘れてはいけない事実があります。それは。

その古臭いテレビが「14年もの間、色んな意味で私達(家族)を楽しませてくれた」という事実です。14年間、テレビを観ずにいれば、20万円-8万円で12万円得したかも知れません。もったいない事をしたのかも知れません。

が、私は胸を張って「14年間我々を楽しませてくれたテレビ」を誇りに思います。

とにかく何を言いたいのかというと「安くなるのを待って何かを買う」というのは、金銭面だけで見れば「経済的」なのかも知れませんが、こと「人間の幸せ」という観点から見れば、

『人生の希少な時間をいたずらに費消している』

という、非常に勿体ない行為とも言えるわけです。

人間というのは「変化」に恐怖を抱くもので、「現状」に不満はあってもつい「まあ、まだ大丈夫か」と「現状維持」を選んでしまいます。しかし、現状に不満があるのであれば『一歩踏み出さないと』いつまでも現状のままです。

「変わる事」は不安ですし、怖くもありますが「住めば都!」です。無計画はいけませんが、慎重過ぎるのも考え物ですよ。

リスクやデメリットばかりに注目するのではなく、是非「良い所・期待出来る所」もしっかり加味して検討いただければ幸いです。その為にこそ我々「不動産業者」がいるのですから。

是非色んな方に「住めば都!」を体感していただければと思っておりますので、また何なりとご相談いただければ幸いです。それでは!

カテゴリー |
不動産戦略(購入篇)
タグ |
プレミアム中古住宅
格安物件
空き家
7大お悩み相談
2022/04/09
子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?
2022/04/09
賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?
2022/04/16
多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?
2022/04/21
家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?
2022/04/17
集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?
2022/05/01
中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?
2022/04/15
住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?
よくあるご質問
2022/05/02
住宅ローンは頭金を出さないといけないのか?自己資金が無いと通らない!?事前審査と本審査で何が違う!?
2022/05/04
近隣挨拶はどこまで?いつする?引っ越しのご近所回りは「真の大人」への階段だ!
2022/06/05
真面目にやればやるほど不安を与える。ゼロリスク思考の打破は中々難しい。
2020/10/04
入村料(入会料)って何?絶対に払わないといけないの!?町内会費・自治会費の真実。
2020/09/22
私道を通る時って通行料払わないといけないんでしょ?私道に接していると住宅は建てられないんでしょ?
2020/12/09
不動産取得税の納付書と申告書が届いた。でも建築中で「建物」の申告書が書けない。どうすれば?
2021/08/10
落雷が原因?エコキュートが完全停止。全く動かなくなった!
  • 最新情報をメールで確認

    メールアドレスを記入いただければ最新情報をメールで受信できます。いちいちホームページを確認する必要がなく、便利です。解除もすぐに出来ますよ!

お一人お一人のお悩みと
真剣に向き合いたいので
ご相談は完全予約制です。

全て代表者自身が担当します。
(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

PRESIDENT BLOG

代表者の鬱々不動産日記

それぞれ随時更新中

HOUSE TOUR

- ウェブ オープンハウス -