2019/09/17
その手があったか!不動産屋が語る「父親の威厳」
|
代表者の憂鬱な日常

有限会社ランド・プラン

先日、以前「弊社仲介」にて中古住宅をご購入いただいたお客様から「お世話になりました」という事で

カタログギフトを頂戴してしまいました。

私も長年不動産屋やってまして、ありがたい事に色々(お酒とか、ビールとか、お酒とか、ビールとか)いただいてしまう事も(こう見えて)結構多く、いつも大変恐縮している(割には遠慮なく貰っている)のですが、

カタログギフトを頂いたのは、不動産業務の関係では記憶にありません。結婚式とかでは良くありますけどね。

カタログギフトか・・・。悩ませてくれるぜ・・・。

食べ物もある、お酒もある、日常用品もあれば、家具家電もある。

どうしたものか・・・。

私、不動産業を始めてから一つのルールがあります。それは、

問題が起きたらすぐ反応する。どれだけ悩んでも24時間以内に一つの答えを作る。

というもの。なので今回のカタログギフト問題も、悩み初めて24時間以内に、パッと選んで申し込みしてしまいました。即決断!人生に残された時間は長くありません!!

そして、お客様に折角頂いたご厚意ですから、末永く楽しめるように。自分では買えない贅沢品。それが

酒器です!

新潟は燕三条の「ステンレス+金」のタンブラー。仕事運はあるけど金運の無い私に、少しでも金運を運んできてくれそうなゴールドの酒器です。

こうなると、「氷」もちゃんとしたロックアイスを使いたい所です・・・が、それはさておき・・・

申し込んだ直後、お客様からこのようなメッセージをいただきました。

「お客さんにもらったから、お子さんか奥様に好きな物選んでいいよと渡せば、また父親としての尊敬度が増すと思われます(笑)」

・・・

・・・

その手があったか!!!!!ホント、そうしておけば良かった!!!!!

てことでHさん、ご丁寧にありがとうございました。大事に使わせて(呑ませて)いただきます!

カテゴリー |
代表者の憂鬱な日常
タグ |
お客様の声
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを登録いただければ更新のお知らせが送られてきます。いちいち更新を確認する必要がなく便利です。解除もすぐ出来ます。

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成