2020/07/20
愚痴シリーズ。慣れない仕事は疲れる。でも「両極端を知る」という事も大事かも。という話。
|
代表者の憂鬱な日常

有限会社ランド・プラン

私、宅建協会高岡支部の「地域活性化委員長」ってヤツに就任してるんですが、なんか

色々重なってません?(冒頭から愚痴ります)

不動産の地価調査の段取り。
秋の「ライフプランセミナー(富山県主催で、空家対策についてらしい)」開催の準備。
これまた秋の「空家予防ポスター展(仮称:高岡市主催らしい)」開催の準備。
で、来月早々に「高岡市との住宅政策会議」ですって。

私、そーゆーの、

苦手なんですよねえ・・・。何が苦手と言って、これらは

「公益の仕事」じゃないですか。不特定多数を相手にする仕事ですし、それに関わる人間も多い。となると

「的が絞りにくい」ですし、そもそも

「調整仕事が多くなる」じゃないですか。(これがかなり神経使うんですよ)私は、ホームページのどっかにも書いてますが

「相談いただいた方の為”だけに”全精力を使う不動産屋」です。なので、相談されていない事に「こちらから」積極的に働きかけるのはホント苦手なのです。

実際に相対した、特定の人をサポートするしか能の無い男とも言えます。

「一対一」ならどれだけでも相談に乗りますし、それなら全く疲れもしないんですが、色んな人と一気に接するのは、ホント疲れます。

・・・。

今日はかなり愚痴多めですねえ。

でも、

まあ、

それも。

糧(かて)にして、何とか前進していくしかありません。苦手な事も「望まれているうちが花」。

ちゃんと自分の、役割を果たしますか・・・

カテゴリー |
代表者の憂鬱な日常
タグ |
宅建協会
お客様の声
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを登録いただければ更新のお知らせが送られてきます。いちいち更新を確認する必要がなく便利です。解除もすぐ出来ます。

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成