2020/12/08
高岡市長引退。望むコミュニティバス復活。砺波市は住宅取得の助成拡充。高岡市は・・・
|
代表者の憂鬱な日常

有限会社ランド・プラン

高岡市長が引退されるという事で。色々言いたい事はありますが、とにかくお疲れ様でした。

さて。

私はサラ金・不動産業界で18年働いているわけですが「時代の変わり目」というのを何度か感じました。

サラ金時代はやはり「グレーゾーン金利問題」が一番大きな変わり目でしたが、実はその前に「富山県内の地価が軒並み下がった」事がありまして。不動産担保融資を行っていた私にとってかなり大きな変化だったのですが、今日はその話をしたいわけじゃないので、またいずれ。

不動産業界での「時代の変わり目」は、まずはリーマンショック、そして消費税増税、で、やっぱり今回のコロナですが、こと「地元高岡」で大きかったと私が思っているのが「コミュニティバス廃止」です。

コミュニティバスを廃止して、高岡市民の「元気」がかなり失われたと、私は感じました。その後の不動産の動きを見てもそう思ってます。高岡の中心市街地を活性化させようとすれば、やっぱりそこに行くまでの「足」は重要です。

クルマに乗ったらイオン行っちゃいますって。

という事で、次の高岡市長には「コミュニティバス復活」を是非推進していただければと思ってます。「採算が合わない」と言われるかも知れませんが、もっと他にありますって。「削らないといけない事」が。市民の生命線を簡単に削ってはいけませんよ。

対して、砺波市は本日の朝刊によると「住宅取得の助成拡充」を推進し、移住受け入れの新制度を創設しようとしているようです。

来年度の話ですが、住宅、マンションの取得、賃貸住宅の家賃助成、三世代同居世帯向けの住宅取得支援策の拡充を図るという事で、まあ、このご時世に当たり前と言えば当たり前の事です。

問題は「金額」とかじゃないんですよ。「是非砺波市に来てね!是非砺波市民のままでいてね!」という前向きなメッセージが重要だと思うんですよ。

そういう意味においてコミュニティバス廃止は「高岡市は市民の足を奪いますよ!高岡市はそれだけ財政が苦しいんですよ!」という後ろ向きなメッセージを伝えてしまったわけです。

ちなみにこれも今朝の朝刊ですが、砺波市が「県外からの移住者向け政策」を検討しているタイミングで、高岡市の方は「高岡市本庁舎移転検討」の記事が。

うーん・・・。

うーん・・・。

カテゴリー |
代表者の憂鬱な日常
タグ |
高岡市
砺波市
市町村助成金
県外移住
お客様の声
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを登録いただければ更新のお知らせが送られてきます。いちいち更新を確認する必要がなく便利です。解除もすぐ出来ます。

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成