2020/09/09
優しい地域と、そうでも無い地域。みんな優しい地域になれば良いのですけどね。
|
代表者の日常

有限会社ランド・プラン

先日、雨風が強い日がありましたよね。それからしばらくして、弊社に「一本の電話」が入りました。

弊社が売り出している土地のご近所にお住まいの方からで「売り土地の看板が外れそうですよ。」との内容。

こういうとき。

良くあるのが「こんなもん!風で飛んで来たら迷惑でしょ!」というクレーム的な感じが多いのですが、この場合は

「要らない事言ってごめんねえ。」みたいな感じで、非常に優しく言ってくれたんですよ。そりゃ私としても

「いやいや、教えていただきありがとうございます!」となりますよね。

で、その時は夕方で私もすぐ動けず、穏やかな天気でしたので「明日の朝一番に見に行こう」と思ってましたら、翌朝、また別のご近所さんから電話が。それも「看板が外れそうですよ」という優しいご注意。

それで急いで現地に行きますと、確かに看板が外れそう。4本の釘で木材に打ち付けておいたのですが、風に煽られて「一本の釘」だけで止まっている状態でした。(釘は木材に打ち付けられたままで、釘が飛んだ形跡はなし)

現地で看板を外す作業をしていると、ご近所の方(連絡してくれた方らしい)がおられて「お疲れ様です。それ飛びそうやもんねえ。」続けて

「中々売れんねえ。良い場所やと思うけどねえ。気長にやらんなんね。」

という優しい言葉。この時。

私の中でこの土地に対する愛着というか、安心感が生まれました。なんという優しい人が集う街だ!!

一方。

なんかやたらと「〇ザい」感じの地域も、あるとか無いとか。いやそりゃ、世間には色んな人がいますからね。しゃーないといえばしゃーないですが。

それにしても、看板が外れそうな事を、わざわざお二人も、しかも「どちらも優しい口調で」教えてくれるような地域は、実はかなり貴重な地域なのかも知れません。

古き良き「お互い様」という精神が、今も脈々と波打っているように思いました。

心は広やかに、人に優しく生きたいものですね。

(Visited 1 times, 1 visits today)

カテゴリー |
代表者の日常
タグ |
ご近所問題
人気の記事
2020/02/15
小矢部市道林寺家具付プレミアム住宅、本日引渡し完了致しました。
2020/09/06
高岡市野村②号地、本日ご成約いただきました。不動産売買契約書の印紙失敗談。
2020/09/27
高岡市立野美鳥町住宅用地、本日無事ご成約いただきました。(住宅ローンは年内に申し込んでおいた方が得策でしょうね)
2020/03/29
小矢部市埴生プレミアム中古住宅、先日ご成約いただいております。(次回動画予告)
2020/01/26
小矢部市七社、本日ご成約いただきました。小矢部市上野本、本日ご案内致しました。
2020/02/02
小矢部市道林寺プレミアム中古住宅、昨日お申込みいただきました。(最近の住宅ローン事情)
2018/09/29
高岡市駅南3LDK中古マンション、無事ご決済いただきました。(副題:住居表示の話)
2020/06/03
小矢部市上野本プレミアム住宅、本日お引渡し完了致しました。(人間のプライドの究極の立脚点は・・・)
2019/05/31
すみません。明日オープンハウス予定の高岡市向野町リフォーム済み住宅ですが、ご成約となりました。
2020/05/21
高岡市野村分譲住宅、本日ご決済いただきました。(一所懸命とは、自分のソーシャルディスタンスを守る事)
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して登録すれば、更新のお知らせをメールで受信できます。

PROPERTY

現在の取扱物件

PRESIDENT BLOG

代表者の鬱々不動産日記

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成