2019/05/24
新・不動産神話
|
偏屈?代表者の日常

有限会社ランド・プラン

ちょっと前、新聞でこんな小話(?)が紹介されていました。うろ覚えですが、覚えている限りで書いてみます。

ある船に、アメリカ人とドイツ人とイタリア人と日本人が乗っています。

貴方は船長(という設定)なんですが、船にトラブルがあり、乗客を、船から海に飛び込ませないとマズい状況になりました。

しかし、船から海に飛び込むのはかなり恐ろしい行為です。では乗客に、

どう言えばすんなりと飛び込んでくれるでしょうか?

というような話です。さっさと答えを書きますが、

アメリカ人には「ここで飛び込めば貴方は英雄です!」と言えば良くて、

ドイツ人にはこういう場面では海に飛び込むのがこの船の規則です!」と言えば良くて、

イタリア人には「ここで飛び込むと女性にモテますよ!」と言うのだそうです(笑)

まあ、各国のお国柄を茶化した冗談なんですが、では日本人にはどう言えば良いか分かりますか?

答えは

「みんな飛び込んでますよ!」と言えば良いのだそうです。

なるほどね・・・。

かつて、日本には「バブル」という時代があり、「不動産は、持っていれば必ず値上がりする」という「不動産神話」がありました。

「みんな」欲しがるから、必然的に値上がりしたわけですね。そして現代は

「日本は少子高齢化で空家問題も激増している。だから不動産価格は今後益々減少していく(だから不動産は持たない)」という「逆・不動産神話」がまかり通っているような気がします。

最近、どこに行っても結構な確率で

「将来が不安」

というような話が聞こえてきます。最近ホント、新聞でもニュースでもネットでも

不安を煽るような・日本が沈没するような話

が多いですからね。しかし私からすると

「皆が不安がっているから、自分も不安になっとかないと!」

というノリに見えてしまいます。「乗り遅れるな!」って感覚ですかね。

確かに、我々の将来というのは、夢のような、バラ色の未来では無いかも知れません。でも、真実は最近再放送されている「水戸黄門」の

オープニングテーマの通りですよ。

「人生楽ありゃ苦もあるさ」

てことで、周りは周りとして、落ち着いて行きましょう。

最後に不動産の話に戻しますが、不動産は今後、ますます「個別性」が重視される時代になると、私は思っています。

が、そのテーマを書き出すと本当に超大作になる(水戸光圀の「大日本史」とほぼ同レベル ※大嘘)ので、ここでは遠慮しておきます。いずれ機会があれば!

カテゴリー |
偏屈?代表者の日常
タグ |
人気の記事
2019/05/15
どうせ死ぬのに、何故頑張って家を持たないといけないのでしょうね?という話。
2020/01/20
高岡市下麻生伸町住宅用地、本日ご成約いただきました。(ホームページ進化させたぜ!という話)
2019/04/06
不動産屋なんていう仕事をしていると、怖い事もあるのですが・・・
2019/01/22
このまま空き家にするのはよくない。かといって事故物件など売れるかどうか心配でありました。(高岡市福岡町馬場 中古住宅売却 Tさん)
2020/01/29
立地条件の良さ、内装、実家との距離。タイミング!大満足です!!最高です!(高岡市木津 中古住宅購入 Sさん)
2020/02/15
小矢部市道林寺家具付プレミアム住宅、本日引渡し完了致しました。
2020/04/14
家がきれいだったのとカーポートがあるのと、落ち着いた場所だったから。(小矢部市道林寺プレミアム中古住宅購入 浅地さん)
2019/04/27
耳が良すぎるというのも、中々厄介で。不動産営業マンの特殊能力。
2018/09/14
基本に戻って。「予約中」と「売約済」と「SOLDOUT」の違い。
2019/08/18
住宅に神棚って必要ですか?どこに置けば良い?神棚がある家と無い家の末路
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して登録すれば、更新のお知らせをメールで受信できます。

→
→