2019/08/01
休んだ方が良いのか・・・。高岡市金屋町住宅用土地、昨日お引渡し完了致しました。(副題:ギリギリ理論)
|
物件販売状況

有限会社ランド・プラン

休暇中の決済第二弾です。休んだ方が仕事が進むというこの矛盾。はさておき、今回も誠にありがとうございました。

高岡市金屋町・・・。伝統ある町です。伝統ある町という事は、古くからの町という事です。

当たり前ですが。

しかし、古くからの町という事は、区画割も昔風、道路(得に幅員)も昔風で、中々

現代にマッチした住宅用地というのは難しいのです。

現代にマッチした住宅用地とは、端的に言えば

自動車

そもそも、自動車を駐車出来るスペースがないと不便ですし、自動車の出入りに苦労する所も不便です。昔(江戸時代等)は、自動車なんて無かったですからねえ・・・

 

これまた当たり前ですが。

 

今回も、いわゆる高岡の「まちなか」物件だったのですが、道路が狭いのでセットバックが必要で、おまけに角地の為、道路隅切りが必要。

 

土地も台形のような形で、いわゆる「住宅が設計しづらい」形状。

 

新興住宅団地のように、綺麗な四角形ではありません。

 

道路が狭い、敷地も狭い、形状も悪い。加えて準防火地域・現状駐車場。建ぺい率は超絶ギリギリ。地域性を考えても、結構(かなり)大変な土地だと思います。

 

が!

 

本田宗一郎だったか松下幸之助が言ってましたが、

 

アイディアというのは「制約(制限)の中から生まれる」のです。

 

 

人間、「自由に、好きなようにやって」と言われると、中々画期的なアイディアというのは生まれません。

 

「これは現実的に不可能、これは金銭的に不可能、これは法律的に不可能」と言われると

 

「ワシにどうせい言うんじゃ!!」

 

とキレそうになりますが、一旦冷静になって、ある程度時間を掛けて考えてみると

 

「こうすれば意外と出来るんじゃね?」というアイディアが生まれて

 

来る事もあります。(来ないときもある)

 

今回は、私ではなく、完全に

 

「買主様の方が」画期的なアイディアを出してきてくれましたので、それで何とか形になった案件でした。

 

「諦めたらそこで終わり」と言うセリフも良く聞きますが、

 

「ギリギリまで、一滴の雫も落ちない程度まで脳味噌を振り絞った後じゃないと」

 

諦めてはいけないのだなあ。と、改めて認識した次第です。

 

てことで今日も、ギリギリまで考えて生きていきます。ギリギリでいつも生きていたいから~♪

カテゴリー |
物件販売状況
タグ |
高岡市
人気の記事
2020/02/24
賃貸が得ですか?持家が得ですか?そんな悠長な話している場合ではありません。「老後に住める家がない!」
2020/10/06
私もそう思いますけどねえ。独身女性「だからこその」住宅購入。
2020/11/16
真か偽か?「不動産に掘り出し物は無い」論。
2020/10/02
判断力とは。最高の不動産を選ぶ為にも絶対必要な「諦める力!」
2020/03/17
不動産屋が銀行に同行すると住宅ローンが通りやすくなる!?(その融資、通るか通らないか!?)
2019/12/31
「住宅ローンって、早く返した方が得なんですよね?」
2018/09/14
この差って何?「予約中」と「売約済」と「SOLDOUT」
2020/04/30
不動産業者とか建築業者とかコーディネーターさんからのウケは良い。玄人好み?のプレミアム住宅って、何?
2020/06/09
金を残すは三流、仕事を残すは二流、人を残すは一流。でもそんな事が、私に出来るのだろうか。
2020/11/18
高岡市木津中古住宅、本日ご成約いただきました。(どっちが負担!?解体時の外壁補修問題)
2020/11/15
別の不動産業者さんが取り扱っている物件については「後から」ではなく「事前に」ご相談下さいませ。
2020/09/22
私道を通る時って通行料払わないといけないんでしょ?私道に接していると住宅は建てられないんでしょ?
2020/10/19
高岡市瑞穂町某所、本日お申込みいただきました。「隣の土地は倍出しても買え!」は本当か?
2020/10/04
入村料って何?絶対に払わないといけないの!?
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを登録いただければ更新のお知らせが送られてきます。いちいち更新を確認する必要がなく便利です。解除もすぐ出来ます。

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成