2019/09/14
小矢部市道林寺平屋、正式ご成約となりました。(副題:「獺祭はイヤだ」という話)
|
物件販売状況

有限会社ランド・プラン

小矢部市道林寺平屋、本日正式ご成約いただきました。誠にありがとうございます!

何も声が掛からない時は一切掛からず、掛かるときは何故か多数のお客様が重なってしまう。それが

不動産売買

というものなのですが、ご購入いただけなかったお客様におかれては、大変申し訳ありませんでした。また私の方でお力になれる事があればやりますので、是非その際はお声掛けいただければ幸いです。

さて。話は変わりまして。

私は「不動産業」という仕事柄、自社物件を含め、色んな「住宅」を見る事が多いのですが、いつも

いいなあ~~~

と思っております。と言うと

「アンタ新築建てたやん!」と言われると思うのですが、違うんですよ。我が家は

「獺祭の家」なのです。

獺祭と言っても、例のオイシイ日本酒ではありません。本当の意味の獺祭です。

獺祭とは

だっ‐さい【×獺祭】
1 《「礼記」月令から》カワウソが自分のとった魚を並べること。人が物を供えて先祖を祭るのに似ているところからいう。獺祭魚。おそまつり。うそまつり。
2 《晩唐の詩人李商隠が、文章を作るのに多数の書物を座の周囲に置いて参照し、自ら「獺祭魚」と号したところから》詩文を作るとき、多くの参考書を周囲に広げておくこと。
出典 小学館

という意味で、我が家の獺祭の意味は、2 です。(私のものではない)教科書や資料や配布物などが、リビング中に広げられているわけです。

「足の踏み場も無い」とはこの事。

まあ、私も「若い頃」は、それこそ部屋中にモノを置きっぱなしで、「こっちの方が落ち着くし、探し物もすぐ見付かる」とか言い張ってたんで、人にどうこうは言えないのですが、やっぱり家は

スッキリ

しているのが良いですよね~。

ちなみに皆様の中でも「じゃあ、収納を多く取ればいいんじゃない?」と思っておられる方もいらっしゃると思いますので、敢えて言いましょう。

部屋が綺麗かどうかは、収納スペースの問題というより

「部屋を綺麗に保とう」という「心意気」の問題です!!!

この辺は、私の持論「職場の机の上」と同じ事です。要はその人の

「精神状態」ですから。

・・・

平穏無事に、平々凡々と人生を送りたいと思ってますが、実際、そうもイカンですなあ・・・

ちなみに獺(かわうそ)ってのは、可愛い外観ですが、超絶肉食の恐ろしいヤツです。もし街で会うことがあっても、決して近づかないで下さい。

カテゴリー |
物件販売状況
タグ |
小矢部市
お客様の声
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを登録いただければ更新のお知らせが送られてきます。いちいち更新を確認する必要がなく便利です。解除もすぐ出来ます。

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成