2020/05/24
よくあるご質問。住宅基礎コンクリートなどのヒビ(亀裂・クラック)について。中古住宅の特性と対応策。
|
良くあるご質問

有限会社ランド・プラン

中古住宅を扱ってますと、住宅の基礎部分にクラック(ひび割れ)が発生している物件を見る事が多くなります。こんなヤツですね。

特にこの写真のように「風穴」が開けられている場合は、その周辺の部分にクラックが入る事が良くあります。

何年か前からはこのような「風穴」を開けられる事が無くなり、基礎の上部に「風の通り道」を作るやり方になってます。

でもその前は、このように「風穴」が開けられる事が当たり前でした。

いや、開けなくてもいいんですけど、そうすると床下の換気が出来なくなり。湿気が溜まって住宅の老朽化を早めてしまうわけです。

そしてこのクラック、よっぽどヒドイ時も稀にありますが、大部分は

表面上のモノ

に過ぎません。例えば私が今作業しているすぐ隣の壁。

表面上の壁クロスに亀裂が走っています。建ててから2年も経ってないのに。いや、2年しか経ってないからとも言えるでしょうね。

どうしても木材は「湿度や温度変化で」収縮しますので、特に

「建ててすぐは」こういった現象が起きるんですよ。と、当たり前ですが、これは

「表面のクロス(壁紙)」が割れているだけで、壁自体が割れているわけではありません。(割れてたら大変)

同様に基礎のクラックも、構造上問題の無い、単なる「表面的な割れ」が大部分です。

住宅の水平を測れば、ひび割れの影響が「あるのかないのか」すぐ分かりますしね。

まあ、これっくらいのひび割れなら、問題でしょうが。

この写真は「岩」ですけどね。分かりやすいかと思ってご紹介してみました。

私からすると、中古住宅は「何年も経って変化が起きてしまっている」ので、余計に安心だと思っています。

新築だと「今から」どんな影響が出るか分かりませんが、中古住宅は「もう影響が出てしまって」いる事が殆どですからね。

ある意味

「数年、十数年の耐用テストにパスしてきた」強い住宅とも言えます。

表面上のキズや汚れはしゃーないでしょう。我々人間だって、長く生きてりゃシワも出来るしシミも出来る。でもそれが

「人間の価値を決める」

ってモンでも無いでしょう?同じ事ですよ。

(Visited 1 times, 1 visits today)

カテゴリー |
良くあるご質問
タグ |
中古住宅
人気の記事
2020/02/15
小矢部市道林寺家具付プレミアム住宅、本日引渡し完了致しました。
2020/09/06
高岡市野村②号地、本日ご成約いただきました。不動産売買契約書の印紙失敗談。
2020/03/29
小矢部市埴生プレミアム中古住宅、先日ご成約いただいております。(次回動画予告)
2020/01/26
小矢部市七社、本日ご成約いただきました。小矢部市上野本、本日ご案内致しました。
2020/02/02
小矢部市道林寺プレミアム中古住宅、昨日お申込みいただきました。(最近の住宅ローン事情)
2018/09/29
高岡市駅南3LDK中古マンション、無事ご決済いただきました。(副題:住居表示の話)
2020/06/03
小矢部市上野本プレミアム住宅、本日お引渡し完了致しました。(人間のプライドの究極の立脚点は・・・)
2019/05/31
すみません。明日オープンハウス予定の高岡市向野町リフォーム済み住宅ですが、ご成約となりました。
2020/05/21
高岡市野村分譲住宅、本日ご決済いただきました。(一所懸命とは、自分のソーシャルディスタンスを守る事)
2020/02/09
小矢部市道林寺ご成約いただきました。(気恥ずかしいけど頑張ろう!という話)
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを記入して登録すれば、更新のお知らせをメールで受信できます。

→
→