2020/05/24
よくあるご質問。住宅基礎コンクリートなどのヒビ(亀裂・クラック)について。中古住宅の特性と対応策。
|
良くあるご質問

有限会社ランド・プラン

中古住宅を扱ってますと、住宅の基礎部分にクラック(ひび割れ)が発生している物件を見る事が多くなります。こんなヤツですね。

特にこの写真のように「風穴」が開けられている場合は、その周辺の部分にクラックが入る事が良くあります。

何年か前からはこのような「風穴」を開けられる事が無くなり、基礎の上部に「風の通り道」を作るやり方になってます。

でもその前は、このように「風穴」が開けられる事が当たり前でした。

いや、開けなくてもいいんですけど、そうすると床下の換気が出来なくなり。湿気が溜まって住宅の老朽化を早めてしまうわけです。

そしてこのクラック、よっぽどヒドイ時も稀にありますが、大部分は

表面上のモノ

に過ぎません。例えば私が今作業しているすぐ隣の壁。

表面上の壁クロスに亀裂が走っています。建ててから2年も経ってないのに。いや、2年しか経ってないからとも言えるでしょうね。

どうしても木材は「湿度や温度変化で」収縮しますので、特に

「建ててすぐは」こういった現象が起きるんですよ。と、当たり前ですが、これは

「表面のクロス(壁紙)」が割れているだけで、壁自体が割れているわけではありません。(割れてたら大変)

同様に基礎のクラックも、構造上問題の無い、単なる「表面的な割れ」が大部分です。

住宅の水平を測れば、ひび割れの影響が「あるのかないのか」すぐ分かりますしね。

まあ、これっくらいのひび割れなら、問題でしょうが。

この写真は「岩」ですけどね。分かりやすいかと思ってご紹介してみました。

私からすると、中古住宅は「何年も経って変化が起きてしまっている」ので、余計に安心だと思っています。

新築だと「今から」どんな影響が出るか分かりませんが、中古住宅は「もう影響が出てしまって」いる事が殆どですからね。

ある意味

「数年、十数年の耐用テストにパスしてきた」強い住宅とも言えます。

表面上のキズや汚れはしゃーないでしょう。我々人間だって、長く生きてりゃシワも出来るしシミも出来る。でもそれが

「人間の価値を決める」

ってモンでも無いでしょう?同じ事ですよ。

カテゴリー |
良くあるご質問
タグ |
不動産取引の実態
人気の記事
2020/02/24
賃貸が得ですか?持家が得ですか?そんな悠長な話している場合ではありません。「老後に住める家がない!」
2020/10/06
私もそう思いますけどねえ。独身女性「だからこその」住宅購入。
2020/11/16
真か偽か?「不動産に掘り出し物は無い」論。
2020/10/02
判断力とは。最高の不動産を選ぶ為にも絶対必要な「諦める力!」
2020/03/17
不動産屋が銀行に同行すると住宅ローンが通りやすくなる!?(その融資、通るか通らないか!?)
2019/12/31
「住宅ローンって、早く返した方が得なんですよね?」
2018/09/14
この差って何?「予約中」と「売約済」と「SOLDOUT」
2020/04/30
不動産業者とか建築業者とかコーディネーターさんからのウケは良い。玄人好み?のプレミアム住宅って、何?
2020/06/09
金を残すは三流、仕事を残すは二流、人を残すは一流。でもそんな事が、私に出来るのだろうか。
2020/11/18
高岡市木津中古住宅、本日ご成約いただきました。(どっちが負担!?解体時の外壁補修問題)
2020/11/15
別の不動産業者さんが取り扱っている物件については「後から」ではなく「事前に」ご相談下さいませ。
2020/09/22
私道を通る時って通行料払わないといけないんでしょ?私道に接していると住宅は建てられないんでしょ?
2020/10/19
高岡市瑞穂町某所、本日お申込みいただきました。「隣の土地は倍出しても買え!」は本当か?
2020/10/04
入村料って何?絶対に払わないといけないの!?
  • ブログをメールで購読

    メールアドレスを登録いただければ更新のお知らせが送られてきます。いちいち更新を確認する必要がなく便利です。解除もすぐ出来ます。

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成