メニュー

2019/08/01
高岡市金屋町住宅用土地、昨日お引渡し完了致しました。
|
販売状況

有限会社ランド・プラン

休暇中の決済第二弾です。休んだ方が仕事が進むというこの矛盾。はさておき、今回も誠にありがとうございました。

高岡市金屋町・・・。伝統ある町です。伝統ある町という事は、古くからの町という事です。

当たり前ですが。

しかし、古くからの町という事は、区画割も昔風、道路(得に幅員)も昔風で、中々

現代にマッチした住宅用地というのは難しいのです。

現代にマッチした住宅用地とは、端的に言えば

自動車

そもそも、自動車を駐車出来るスペースがないと不便ですし、自動車の出入りに苦労する所も不便です。昔(江戸時代等)は、自動車なんて無かったですからねえ・・・

 

これまた当たり前ですが。

 

今回も、いわゆる高岡の「まちなか」物件だったのですが、道路が狭いのでセットバックが必要で、おまけに角地の為、道路隅切りが必要。

 

土地も台形のような形で、いわゆる「住宅が設計しづらい」形状。

 

新興住宅団地のように、綺麗な四角形ではありません。

 

道路が狭い、敷地も狭い、形状も悪い。加えて準防火地域・現状駐車場。建ぺい率は超絶ギリギリ。地域性を考えても、結構(かなり)大変な土地だと思います。

 

が!

 

本田宗一郎だったか松下幸之助が言ってましたが、

 

アイディアというのは「制約(制限)の中から生まれる」のです。

 

 

人間、「自由に、好きなようにやって」と言われると、中々画期的なアイディアというのは生まれません。

 

「これは現実的に不可能、これは金銭的に不可能、これは法律的に不可能」と言われると

 

「ワシにどうせい言うんじゃ!!」

 

とキレそうになりますが、一旦冷静になって、ある程度時間を掛けて考えてみると

 

「こうすれば意外と出来るんじゃね?」というアイディアが生まれて

 

来る事もあります。(来ないときもある)

 

今回は、私ではなく、完全に

 

「買主様の方が」画期的なアイディアを出してきてくれましたので、それで何とか形になった案件でした。

 

「諦めたらそこで終わり」と言うセリフも良く聞きますが、

 

「ギリギリまで、一滴の雫も落ちない程度まで脳味噌を振り絞った後じゃないと」

 

諦めてはいけないのだなあ。と、改めて認識した次第です。

 

てことで今日も、ギリギリまで考えて生きていきます。ギリギリでいつも生きていたいから~♪

カテゴリー |
販売状況
タグ |
まちなか
高岡市
7大お悩み相談
2022/04/21
家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?
2022/04/09
賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?
2022/04/09
子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?
2022/04/15
住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?
2022/05/01
中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?
2022/04/17
集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?
2022/04/16
多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?
よくあるご質問
2020/10/04
入村料(入会料)って何?絶対に払わないといけないの!?町内会費・自治会費の真実。
2021/08/10
落雷が原因?エコキュートが完全停止。全く動かなくなった!
2022/05/04
近隣挨拶はどこまで?いつする?引っ越しのご近所回りは「真の大人」への階段だ!
2022/04/04
火災保険をどうするか?住宅購入時の火災保険実戦知識。
2022/05/22
大は小を兼ねるって本当?小さな家・大きい家のメリットデメリットは?住宅の適正サイズってどんな感じ?
2018/09/14
この差って何?「予約中」と「成約済」と「SOLDOUT」
2022/06/29
転職・引越・転校のススメ。不動産業界の転職と浪人生活のススメ。
  • 最新情報をメールで確認

    メールアドレスを記入いただければ最新情報をメールで受信できます。いちいちホームページを確認する必要がなく、便利です。解除もすぐに出来ますよ!

ランド・プランは「たかおかSDGsパートナー」の一員です。

お一人お一人のお悩みと
真剣に向き合いたいので
ご相談は完全予約制です。

全て代表者自身が担当します。
(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

PRESIDENT BLOG

代表者の鬱々不動産日記

それぞれ随時更新中

HOUSE TOUR

- ウェブ オープンハウス -