MENU

2022/05/11
建築条件付き土地の「建築条件」は外せる?正直不動産第6話の感想。
|
よくあるご質問

有限会社ランド・プラン

正直不動産第6話は『建築条件付き土地』の話でしたが、メインの話は土地というよりも「施工会社の問題」でしたね。

画面で見るとなんともヒドイ工務店でしたが、まあ、リアルと言えばリアルでした。あるっちゃあります。

で、今回の注目不動産専門用語は「建築条件付き土地」だったんですが、意味は何となくお判りでしょうか?詳しい所はこのページが分かりやすかったです。

ザックリ言えば「ウチ(工務店や住宅メーカー)で住宅を建ててね」という事を条件に土地を売却するという事です。そしてここでのポイントとしては

それだけ人気がある土地だ

という事が挙げられます。人気の無い土地に「条件」付けてもしゃーないでしょ。という話ですね。

でもこの建築条件って外せないの?というご質問を良く受けますが、基本的には外せません。「言われて外すくらいなら最初から外してます」という話ですね。

ただ「絶対に外せないか?」となると、これは『交渉次第』とは言えます。その件で、本当にたまたまですが今程「以前弊社で某工務店の建築条件を外して差し上げた」お客さんがお菓子を持って来社されました。

どら焼き

「おかげ様で新築住宅が完成しました!快適です!」という事だったんですが、全くもってすごいタイミングです。

この時は「その土地はすごく気に入ってるんですけど、自分が建てたい工務店さんは別にあるんです!」という強いご要望があってご相談いただいたんですが、正直に言うと最初は

無茶言わんで下さいよ・・・!」という気持ちでした。

ま、なんとかなって良かったですけど。

で、「具体的にはどうやって交渉するの!?」という所ですが、これはもう、真っ正直に交渉するしかありません。でも、その中で一番大事なポイントがあります。何か分かります?

おカネを積む?」

違います。この時も余計なおカネは積んでません。

「強気でガツンといく?」

違います。

「相手の弱みを握る?」

もっと違います。

一番大事な事。それは

相手の立場を十分に慮る事

です。

相手も色んな考えがあって「条件」を付けてます。相手が「その条件を前提に検討してね。」と言ってるのに「その条件は無い事に。」というのはかなりの横車です。ハシゴ外しです。その辺をしっかり認知し、理解し、それを補える方法が無いか、真剣に考える必要があるわけですね。

どうしても「ケースバイケース」なので「こうすれば大丈夫!」という具体的な方法は書けませんが、とにかく真っ正直に、相手の事を考慮して、誠実に交渉です。それしかありません。

という事で、頭使ったら疲れたので、ありがたくどら焼きを頂戴します。

お土産はお気軽に。

もとい。

ご相談はお気軽に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
よくあるご質問
タグ |
正直不動産
注文住宅

7大お悩み相談

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

よくあるご質問

お客様の声

2022/04/19

地元不動産屋の功罪。地元?大手?その不動産相談、誰にする?

お客様の声

2020/10/19

『隣りの土地は相場の倍出しても買え』『隣りの土地は借金しても買え』は本当?

お客様の声

2023/03/02

住宅ローン控除の必要書類。登記事項証明書は省略可能?

お客様の声

2024/04/11

災害によるローン減免制度。自然災害債務整理ガイドラインとは?

お客様の声

2024/01/18

高岡市某所の土地売買完了。隣地を少しだけ欲しい時はどうする?

お客様の声

2024/05/19

線路沿いの物件ってどう?大丈夫な物件と気を付けた方が良い物件

お客様の声

2024/01/06

地震でクロスが割れた。タイルが割れた。これは地震保険適用内?

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

住み続けられるまちづくりを

中古活用・循環社会へ

空き家が増え続けています。高岡市だけで一万戸以上の空き家が存在し、6軒に1軒が空き家という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して、安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用・循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せと持続可能な幸福社会』を創造する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

PROPERTY

取扱中物件

PRESIDENT BLOG

不動産屋のひとりごと

実際のご相談事例

そのお悩み、ランド・プランで解消できますよ!

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう