MENU

2023/03/26
シバシバ見レバ鮮ナラズ。司馬遷の『史記』に学ぶ家族円満法。
|
不動産屋の日常

有限会社ランド・プラン

「シバシバ見レバ鮮ナラズ」って言葉ってご存知でしょうか?と思って私もネットで調べてみましたが、出て来ませんでしたので、あんまりメジャーな言葉ではないはず。

この言葉、司馬遷の『史記』に書かれています。と言っても、私だって『史記』を全て読んだわけじゃないんですが、高校の漢文の授業で少し習いますよね。

さて。

この数日間、箱根から弟一家が帰省していました。私の方は「客人がいる時の酒は酒じゃない」をモットーに数日間呑み続けていたわけですが、久しぶりに会う親族は良いモノです

高岡にいる妹一家も合流し、笑いの絶えない数日間でした。

が、何故こんなに心地良いのかと考えると、冒頭の言葉が思い出されるわけです。「シバシバ見レバ鮮ナラズ」。簡単に言えば「いつも一緒だとお互いに新鮮感が無くなるからね」という事です。

原典では、引退したオジイチャンが、財産を持って子供達3人の家に次々に遊びに回るわけです。で、数日間滞在して、また次の家に遊びに行く。その間にもしも自分が死んだら、その時に居た家に全ての財産を残していくと約束しておく。

分かります?こうすれば子供たちもオジイチャンが来るのを歓迎しますし、出来るだけ滞在して貰いたいと思って厚くおもてなしします。この方法を考えた人は本当に頭がいいですよね。

という話です。

そもそも、家族ってのは非常に『近しい』存在です。お互いに助け合える有難い存在とも言えます。しかし、あまりに近すぎると、その有難さを感じにくくなってしまうものでもあります。人間ってのは『慣れる』生き物なので。

以下は私の持論ですが、家族ってのは多少離れてる方が良いと思いますよ。何かあった時はすぐに助け合えるけど、何も無ければ別に会う必要も無い。シバシバ見レバ鮮ナラズ。です。

そんな事を思った春でした。

春も、一年中春だとその有難さを感じませんよ。桜もそうですね。1年に一回咲くからいいんです。これもシバシバ見レバ鮮ナラズ。です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    カテゴリー |
    不動産屋の日常
    タグ |

    7大お悩み相談

    お客様の声

    2022/04/15

    住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

    お客様の声

    2022/04/09

    子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

    お客様の声

    2022/04/17

    集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

    お客様の声

    2022/04/16

    多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

    お客様の声

    2022/04/09

    賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

    お客様の声

    2022/05/01

    中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

    お客様の声

    2022/04/21

    家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

    よくあるご質問

    お客様の声

    2022/04/20

    不動産共有は不動産共憂?そう言う話を今日言う?

    お客様の声

    2023/07/25

    こどもエコすまい支援事業。子供が『いない』のに対象ってこれいかに?

    お客様の声

    2020/12/18

    必要?無用?地鎮祭はやるべき?実際に地鎮祭を行われた方の声。

    お客様の声

    2023/12/16

    高岡市の人って言葉が汚くないですか?怒ってるんですか?

    お客様の声

    2023/03/19

    相談するのにお金は必要?無料なのはどんな場合?

    お客様の声

    2023/07/20

    洗面台が壊れた!これって保証の範囲内?火災保険の『破損・汚損等』って?

    お客様の声

    2021/08/26

    TOTOトイレ便座の付け根が割れた!交換部材を買う?出張修理?

    • ブログ購読

      いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

    PROPERTY

    取扱中物件

    私がサポート致します!

    代表取締役 TAKANO RYUSEI

    高野 竜成

    中古住宅相談事例

    中古住宅探しも中古住宅売却もお気軽に!

    住み続けられるまちづくりを

    中古活用・循環社会へ

    空き家が増え続けています。高岡市だけでも1万戸以上の空き家が存在し、今や『6軒に1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも新築住宅は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して、安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用・循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せ』と『持続可能な幸福社会』を創造する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

    PRESIDENT BLOG

    不動産屋のひとりごと

    ブログの更新通知を受け取れます!
    ブログサムネイル

    更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう