MENU

2023/05/21
木造住宅は20年(22年)で価値ゼロ?居住用家屋の減価償却と不動産査定。
|
住まい処分実務住まい探し実務

有限会社ランド・プラン

よくある質問シリーズです。中古住宅を扱っていると良く「家は20年(又は22年)で価値ゼロですよね?」と聞かれます。そんなわけはありません(即答)

で、何故「家は20年(22年)で価値ゼロですよね?」と言われるのかというと、税法上の「事業用家屋の減価償却」と混同してしまうからと思います。

事業用家屋の減価償却とは

・・・

そもそも「減価償却」という概念が非常に分かりにくいというか、ご自分で商売されている方以外には『馴染みが無い』と思います。

と思って色々見ていましたら、このページが分かりやすかったです。

木造の減価償却や耐用年数を解説!居住用と業務用の違いに注意!

ざっくり言うと、『税金の計算上、事業用の家屋は22年で費消するものと見做しますよ。その計算式でちゃんと税金払ってね』という事です。

そして、上記はあくまでも『事業用』の話であり、居住用の木造住宅については『33年で減価償却してね』という事になってます。

22年と33年。数字に違いはあれど、とにかく『税金計算』の為の数字に過ぎないわけです。

しかしそうなると今度は「じゃあ家って、33年で価値ゼロになるんですね?

と聞かれるわけですが、もちろんそれも違います。とにかく『ただの税金計算法』なだけで『実質的な価値』とは全然関係がない数字だからです。

そもそも、『リフォームしてある家と全くしてない家』とか『キレイに管理されている家と荒れたゴミ屋敷』、築年数が同じだからと言って『価値は同じ』だとオカシイでしょう?

メルカリでも『汚いモノ』より『キレイなモノ』の方が高く売れますよ。

ということで今回は『税金計算と不動産査定は全く違う』という事をお伝え致しました。

ちなみに、もっと言うと税金の種類によっても考え方は全然違ってきます。さっきのは『所得税』の話であって、『固定資産税』になるとまた話が変わってくるんですよ。

しかし、話がややこしくなるのでここでは述べない事に致します。税金の話は、書いててもあんまり愉しくないですし・・

税金に振り回される毎日ですが、くじけずに頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
住まい処分実務住まい探し実務
タグ |
不動産査定
固定資産税

7大お悩み相談

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

よくあるご質問

お客様の声

2020/12/09

不動産取得税の納付書と申告書が届いた。でも建築中で「建物」の申告書が書けない。どうすれば?

お客様の声

2023/07/20

洗面台が壊れた!これって保証の範囲内?火災保険の『破損・汚損等』って使えるの?

お客様の声

2022/04/05

こどもみらい住宅支援事業。こどもがいないとダメなの?

お客様の声

2022/11/23

問題は家ではなく○だった。何故住宅は「30年でダメになる」と言われているのか?

お客様の声

2019/08/18

住宅に神棚って必要ですか?どこに置けば良い?神棚がある家と無い家の末路

お客様の声

2023/07/25

こどもエコすまい支援事業。子供が『いない』のに対象ってこれいかに?

お客様の声

2023/06/17

富山県に住んで良かった事は?昔から住んでる者には分からない『良いトコ』2選。

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

つくる責任 つかう責任

中古活用・循環社会へ

空き家が増え続けています。高岡市だけで11,000戸の空き家が存在し、『6軒に1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、エネルギーの枯渇による物価高騰も収まる気配がありません。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して安心できる住まいを提供する!と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用・循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せ』と『持続可能な社会』を実現する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

 

PROPERTY

取扱中物件

PRESIDENT BLOG

不動産屋のひとりごと

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう