メニュー

2019/07/23
小矢部市岡リノベーション住宅、本日ご決済いただきました。(副題:「トップの器」論)
|
販売状況

有限会社ランド・プラン

本日、小矢部市岡リノベーション住宅のご決済をいただきました。誠にありがとうございます。

さて・・・。

なんか、

「某大手芸能会社社長」

が大変な事になってますね。

細かい話は分かりませんが、とにかく

「長」

と付くからには、責任ある言動を取らないといけませんし、私から言わせると「長」というのは

「美しい姿を見せるのが仕事」

と思っています。

それで言うと、いつぞやの

高っかいクルマを税金で買った(その後自腹にしたとかなんとか)市長

とか、今回の社長というのは

「美しくは無い」ですよね。

「長」で思い出しましたが、私、こう見えて以前「不動産流通ネットワーク コアネット」という団体の会長をさせて貰ってました。

富山県西部の不動産・建築会社約85社と、協賛企業約45社(くらいだったはず)の団体の「長」で、当然、私なんかがやるべき職責ではありません。

しかし。

私の「前会長」ってのが非常に美しい「長」で。その方に言われた事が、未だに私の脳裏に焼き付いています。

それはこういう言葉です。

「新しいトップと言うのは、前のトップを否定する所から始めなければならない」

中々言えないですよね。つまり

前のトップ(自分自身)を否定しろ

と言っているわけです。

何故だか分かります?

それは

「自分と同じ事をやるなら、トップが変わる必要は無いでしょ?」

って事なんです。

世の中は、常に変化の過程にあります。以前それで上手く行った事が次の時代には合わない。前の考え方では、今の時代にそぐわない

という事はままあります。

勿論

変わらないモノ

もあります。

しかし、変えなくて良いのなら、トップも変わる必要はありません。私としては前会長から

次の事は全て任せる

と言われたと思って、それを意気に感じて、私なりに「重い職責」を背負ったわけです。

まあ、だからこトップ「長」というのは

責任

が付いて回るわけですが。「自分が良いと判断した事を実行」して、失敗したら、誰にも文句は言えません。全ては

自分の責任

です。そしてその判断と行動は

色々な人に影響を与える

わけです。良い意味でも、悪い意味でも。

だからこそ長は

頑張らないといけないのです。ただ頑張るのではありませせん。常に自分自身を省みて、世の中の情勢を見て、学んで、時には

死ぬほど懊悩

しつつ

良い(と思われる)方向

に進まないといけないのです。

てことで、世の中の「長」と名が付く皆様方、頑張りましょうね。

お互い、

見られてますからね。

カテゴリー |
販売状況
タグ |
小矢部市
7大お悩み相談
2022/04/09
子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?
2022/04/09
賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?
2022/05/01
中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?
2022/04/16
多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?
2022/04/21
家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?
2022/04/15
住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?
2022/04/17
集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?
よくあるご質問
2021/08/26
自宅のTOTOトイレ便座が壊れた!自分で部材を買える?出張修理が必要?そして故障の原因は!?
2020/12/09
不動産取得税の納付書と申告書が届いた。でも建築中で「建物」の申告書が書けない。どうすれば?
2022/01/25
築〇十年なのに、なんでこんなに固定資産税が高いの!?に対する答え。
2021/08/10
落雷が原因?エコキュートが完全停止。全く動かなくなった!
2020/12/18
必要?無用?地鎮祭はやるべきなのか?実際にこんな事もあります。地鎮祭をやられた方の声。
2022/04/06
自治会活動、結局どう付き合えば良いの?
2022/04/04
火災保険をどうするか?住宅購入時の火災保険実戦知識。
  • 最新情報をメールで確認

    メールアドレスを記入いただければ最新情報をメールで受信できます。いちいちホームページを確認する必要がなく、便利です。解除もすぐに出来ますよ!

お一人お一人のお悩みと
真剣に向き合いたいので
ご相談は完全予約制です。
(5,500円/1時間)

全て代表者自身が担当します。
(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

PRESIDENT BLOG

代表者の鬱々不動産日記

それぞれ随時更新中

HOUSE TOUR

- ウェブ オープンハウス -