メニュー

2022/03/23
不動産業者相手でも恐れずに「NO!」それが本当の思いやりに繋がります。
|
社長ブログ

有限会社ランド・プラン

不動産業者なんてのをやってると「お客様(見込客)と音信不通」になる事がたくさんあります。ま、どんな業者さんでもそうでしょうが。

多分ですがこれは「断るのが苦手」な方が多いからではないかと思います。かくいう私もそうでした。

昔から「友達からのお誘い」を断るのが苦手で、中途半端に返事しているうちに当日になって、やっぱりメンドクサくなって「ドタキャン」したり。

不動産業者になってからも「これは・・・(弱ったなあ)」と思う仕事でも断り切れずに引き受けてしまったり(でも大概は「受けて良かった」と思うモンですが)。

「誘いに乗ってくれるのか?引き受けて貰えるのかどうか?」って、話しかけた方からすると重大問題です。いや、「受けて貰わないと困る!」という話ではありませんよ?

ただ単に「その後の段取り」に関わってくるからです。ただそれだけ。

なので。

どんな回答にせよ、堂々と言えばいいと思うんですよ。「行きます・行けません」、あるいは「今はまだ決めかねます。」でもいいと思います。

相手は「YESならそのように、NOならそれなりに」次の予定を組みたいだけなんですから。

ちなみに私が「経営者になって良かった」と思える事は「NO!」と言える事です。サラリーマンの時は中々言えませんでした。「自分が嫌でも会社の事を考えればYESと言うべき。てか、”ハイかYESか喜んで!”しかありえんやろ!」という事は、人生において山ほどありますからね。

ありません?w

実際「断れない人」って、世の中にはめちゃくちゃ大多数存在しているようです(参照ページ)。

とにかくNO!ならNOで全然問題無いんですよ。断る事は悪ではありませんし、さらっと伝えれば相手も別に気にしません。

「さらっと」というのもポイントかも知れませんね。変に期待を持たせるのも良くありません。

とりあえず、あなたはあなた自身の「今の意思」を伝えればそれで十分。相手がどう思おうとそれは「相手の問題」です。

そして、考えが変わったらその時に「その時の意思を」伝えれば大丈夫です。気持ちは常に変わるモノ♪

という事で、不動産業者に対する「お断わり」はお気軽にして下さいね♪

という話でした。

そしてご相談も、お気軽に。

カテゴリー |
社長ブログ
タグ |
不動産営業
7大お悩み相談
2022/05/01
中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?
2022/04/09
賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?
2022/04/09
子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?
2022/04/21
家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?
2022/04/17
集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?
2022/04/16
多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?
2022/04/15
住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?
よくあるご質問
2022/09/16
結構ある。贈与?売買?「親子間・親族間の不動産取引ってどうすればいいんですか?」
2021/08/26
自宅のTOTOトイレ便座が壊れた!自分で部材を買える?出張修理が必要?そして故障の原因は!?
2022/04/11
「まんぞ」「まんぞう」「まんぞうひ」とはなんぞ!?
2020/09/22
私道を通る時って通行料払わないといけないんでしょ?私道に接していると住宅は建てられないんでしょ?
2021/08/10
落雷が原因?エコキュートが完全停止。全く動かなくなった!
2022/04/04
居住中物件の内見(内覧)で気を付ける事って?
2019/09/20
そもそも新築住宅って何!?メリット・デメリットは!?
  • 最新情報をメールで確認

    メールアドレスを記入いただければ最新情報をメールで受信できます。いちいちホームページを確認する必要がなく、便利です。解除もすぐに出来ますよ!

ランド・プランは「たかおかSDGsパートナー」の一員です。

お一人お一人のお悩みと
真剣に向き合いたいので
ご相談は完全予約制です。

全て代表者自身が担当します。
(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

PRESIDENT BLOG

代表者の鬱々不動産日記

それぞれ随時更新中

HOUSE TOUR

- ウェブ オープンハウス -