メニュー

2019/08/03
何故弊社は新聞折り込みチラシを止めたのか?
|
社長ブログ

有限会社ランド・プラン

突然ですが、弊社では今まで行ってきた「新聞折り込みチラシ」を廃止致しました。理由はたった一つ。

無駄使いだから。

です。ここ数年間、私なりに集めたデータを分析し、不動産業者にとっての「新聞折り込みチラシの実効性」というものを調査していました。結果は

著しく費用対効果が悪い。

です。

効果が出ていない。効果が出ないだけならまだ良いのですが、そこに

多額の広告宣伝費が費やされる。

多額の広告宣伝費が費やされるとどうなるか?

弊社のお金が飛んで行く。飛んで行くとどうなるか?

もっと安い商品を出そうと思っても、安く出来ない。

ひいては

お客様のニーズに応える事が出来ない。

となります。

一方、この不動産ブログの費用対効果はどうなのか?と考えると、費用としては

ほぼゼロ

レンタルサーバーとか、通信費とか、厳密に言えば「全くのゼロ」では無いでしょうが、「目に見える費用」は発生してません。

最小の犠牲で最大限の効果を発揮する。これは「経済」にしても「戦略」にしても最大のポイントの一つのはずです。

歴史を見ると。

石の武器は青銅器に取って代わられ、青銅器は鉄に取って代わられました。武田の騎馬隊は織田の鉄砲隊に敗れ、幕末、刀や槍は銃に取って代わられました。

大艦巨砲主義は航空主兵論に敗れ、そして今

新聞折り込みチラシはネットに取って代わられる。ある意味「今更そんな事言ってんの?」という話でもあります。

勿論、「新聞折り込みチラシを楽しみにしている」という方も勿論いるでしょう。しかし我々は

「効果」を出さなくてはならないのです。ビジネス社会で戦い、生き残る為には、「無駄使い」を放置しておくわけには行きません。

先程「大艦巨砲主義と航空主兵論」という言葉を書きました。現在映画公開されている「アルキメデスの大戦」の小説を読んで改めて思っているわけで、唐突にこんな話になって申し訳ありません。

しかし、敢えてもうちょっとその辺をお話させていただくと、私が「そういう事!」と思った一文があります。ウィキペディアより抜粋。

特に航空関係者が嘆いていたのは、大艦巨砲主義の下で作られる戦艦の建造費、維持費など莫大な経費が浪費される割にほぼ戦局に寄与しないことであり、それを航空に回せばより強力なものができると考えていたと語っている

私も、いわゆる「戦艦」は好きです。カッコイイなあと思いますし、なんなら私の自室は

「提督室」

と銘打ってますので、本当に好きなんですが、そーゆーのは

「戦局に寄与」してナンボ

です。ちなみに。もしも

「新聞折り込みチラシが無くなって、一体どうやって不動産情報を得れば良いのか分からない!!」

という方がいらっしゃいましたら、是非私までご連絡下さいませ。

不動産探しの情報提供とサポートを、ハズ〇ルーペ並に、しっかりとさせていただきます!

カテゴリー |
社長ブログ
タグ |
不動産営業
7大お悩み相談
2022/04/17
集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?
2022/04/21
家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?
2022/04/16
多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?
2022/04/09
子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?
2022/04/15
住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?
2022/04/09
賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?
2022/05/01
中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?
よくあるご質問
2020/02/08
凍結!?ポンプの故障!?「井戸水が出ない!どうすれば良いんですか!?」
2022/05/15
本日は高岡市佐野の中古住宅査定をしておりました。不動産査定は何日掛かる?何社の不動産業者に聞けばいい?
2018/09/14
この差って何?「予約中」と「成約済」と「SOLDOUT」
2020/09/22
私道を通る時って通行料払わないといけないんでしょ?私道に接していると住宅は建てられないんでしょ?
2020/10/04
入村料(入会料)って何?絶対に払わないといけないの!?町内会費・自治会費の真実。
2022/04/04
火災保険をどうするか?住宅購入時の火災保険実戦知識。
2021/08/26
自宅のTOTOトイレ便座が壊れた!自分で部材を買える?出張修理が必要?そして故障の原因は!?
  • 最新情報をメールで確認

    メールアドレスを記入いただければ最新情報をメールで受信できます。いちいちホームページを確認する必要がなく、便利です。解除もすぐに出来ますよ!

ランド・プランは「たかおかSDGsパートナー」の一員です。

お一人お一人のお悩みと
真剣に向き合いたいので
ご相談は完全予約制です。

全て代表者自身が担当します。
(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

PRESIDENT BLOG

代表者の鬱々不動産日記

それぞれ随時更新中

HOUSE TOUR

- ウェブ オープンハウス -