メニュー

2022/06/21
年収200万円で豊かに暮らす。は真実か?タイトルからだけ考えた事。
|
社長ブログ

有限会社ランド・プラン

年収200万円で豊かに暮らす。という書籍が物議を醸しているようで。しかも、多分ですが「タイトルだけで」って事ですよね?大多数の方は中身を読んでいないはず

当然私も、読んでません。読んでませんが、元サラ金・現不動産屋・元生活破綻者の私からすると「リアルな話だなあ」とは思います。

年収200万円。月収16.6万円。手取りは・・・。13.5万円位?感覚として。

ちなみにこの「200万円」という数字、元行政書士の私としては非常に感慨深い数字です。というのも行政書士が「独立してちゃんと仕事してる」と評価されるのは年200万円という売上額が一つのポイントになるからです。

私が言ってるんじゃありません。その名も『行政書士業務必携』という本に書かれていたのです。

年間売上200万円。なんとなく「そんな低いレベル?」と思われる方も多いでしょうが、行政書士の業務は「一つの書類案件で数千円から数万円」という仕事が大半です。

一件の業務単価が3万円として、年間に70件の仕事を遂行しなければならないんですが、あなたが何かで独立開業したとして、一年目から70件も仕事取れます?

ってことで実際、年間200万円の売上を上げるのは、駆け出しの行政書士にとって物凄く難しい事なんですよ。

何を言いたいのかというと。

『200万円で豊かに暮らす』というのは、普通にある。という話と、そもそもそのレベルに達しない人もいる(私もそうでした)という事。しかしそれでも生きていかないといけない。という事です。

そりゃおカネは「無いよりある方が」豊かでしょう。間違いありません。しかし錬金術師じゃあるまいし、おカネはそう簡単に生み出せません。なのでまずは「手元にある武器でいかに戦うか」が大事になってきます。

私は『200万円で豊かに暮らす』ってのは良いタイトルだと思うんですけどねえ。

「収入を200万円に下げて心豊かに暮らそう!」と推奨しているわけじゃなく「200万円もあれば豊かに暮らせる!(贅沢すんな!)」と説教しているわけでもありません。あくまでも『選択肢』の一つです。こういう方法もあるよという。

子育てしてると、おカネは掛かるし仕事に集中は出来ないしで本当に大変です。持病などがあるとその労苦は倍増します。激増します。そして、実際にそういう人は現実にたくさんいます。

理不尽な世の中だなあ・・・とは思いますが、私に出来る事は精々そんな方にも「安心して住める家」を準備させて貰う事くらいです。不動産屋ってのは実際その程度の存在ですよ。

しかしそれでも、少しでも喜んで貰えるように工夫します。それが私の仕事ですから。

カテゴリー |
社長ブログ
タグ |
不動産営業
子育て
7大お悩み相談
2022/04/21
家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?
2022/04/16
多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?
2022/05/01
中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?
2022/04/09
賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?
2022/04/17
集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?
2022/04/09
子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?
2022/04/15
住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?
よくあるご質問
2021/08/26
自宅のTOTOトイレ便座が壊れた!自分で部材を買える?出張修理が必要?そして故障の原因は!?
2020/10/19
高岡市瑞穂町某所、本日お申込みいただきました。「隣の土地は倍出しても買え!」は本当か?
2020/11/15
専属専任媒介とは?中継ぎも抑えもホント大変!
2022/06/05
真面目にやればやるほど不安を与える。ゼロリスク思考の打破は中々難しい。
2019/12/31
「住宅ローンって、早く返した方が得なんですよね?」
2020/12/18
必要?無用?地鎮祭はやるべきなのか?実際にこんな事もあります。地鎮祭をやられた方の声。
2022/05/04
近隣挨拶はどこまで?いつする?引っ越しのご近所回りは「真の大人」への階段だ!
  • 最新情報をメールで確認

    メールアドレスを記入いただければ最新情報をメールで受信できます。いちいちホームページを確認する必要がなく、便利です。解除もすぐに出来ますよ!

ランド・プランは「たかおかSDGsパートナー」の一員です。

お一人お一人のお悩みと
真剣に向き合いたいので
ご相談は完全予約制です。

全て代表者自身が担当します。
(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

PRESIDENT BLOG

代表者の鬱々不動産日記

それぞれ随時更新中

HOUSE TOUR

- ウェブ オープンハウス -