メニュー

2022/04/08
持続可能な開発目標(SDGs)は、我々を幸せにするのか?
|
社長ブログ

有限会社ランド・プラン

持続可能な開発目標。いわゆるSDGsってヤツですね。弊社も本日(令和4年4月8日) SDGs宣言致しますよ。

ちなみに本日は弊社の創業記念日(1994年4月8日)なんですよ。たまたま。

別にそこを狙って宣言しているわけじゃありませんが、そういう巡り合わせなんでしょうね。4月8日はお釈迦さまの誕生日でもありますし。

しかし SDGsにも色んな捉え方があるんだと思います。とりあえず意味も分からないのに「SDGs!持続可能性!」とお題目だけ叫んでてもしょーがないので、私の方は今回の宣言に向けて一応SDGsに関する本を二冊だけ読みました。

SDGs入門

SDGsの不都合な真実 -「脱炭素」が世界を救うの大嘘 

で、個人的には「不都合な真実」の方が断然面白かったですね。「現実の世界は本当に恐ろしい」と思わせる内容でした。

でも、それを知ってもなお、弊社はSDGs宣言をしますよ。何故なら

つくる責任つかう責任

を実践したいから!

弊社は不動産会社ですが特に「中古住宅」をメインとした事業を展開してきました。リフォーム済み住宅・リノベーション。

どうしても「壊した方が合理的」というケースもありますが、出来る限り「今ある資源を活かしたい」という考えです。

大昔。空手の先生に言われた事があります。

全てを武器にしろ

身の回りの物、周囲の状況、自分自身のあらゆる部位。全てを武器に。使えるモノは全部使え、使いきれ。みたいな事です。

中古住宅は資産です。武器です。使えるモノです。そしてそれはSDGsの

住み続けられるまちづくり」にも通じます。

木材の価格が高騰し、半導体不足で住宅設備も高騰する中、新築住宅は「高嶺の花」になりつつあります

もともと日本の「新築信仰」は非常に根深く、これは日本人の「精神文化」をバックボーンにしてますので「それはそれで」良いのですが、中古住宅ももっともっと活用されるべき

ではないかと。

「中古住宅」と一口に言っても本当に程度の良い中古住宅もあるんですよ。是非「つくる責任 使う責任」「住み続けられるまちづくり」実現の為、一度弊社の「リノベーション住宅」もご検討いただけますと大変幸いです。

金銭的にも、かなり安心していただけるはず。

決して「新築住宅が良くない」という意味ではありませんよ?日本では新築住宅の流通数を6とすると中古住宅流通数がたったの1。

その差なんと6分の1なので「もうちょっと中古住宅を見直しても良いのでは無いでしょうか?」という事です。

安心して住み続けられるまちづくり(つまり持続可能性)と、何よりも、あなた自身の安心の為に。

あ、あと一応「子供たちの為に」

関連ブログ

驚愕の回答。冬休みの課題よりも大事な「人間の課題」とは何か?

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


カテゴリー |
社長ブログ
タグ |
SDGs
中古住宅
子育て
人気の記事
2018/09/14
この差って何?「予約中」と「成約済」と「SOLDOUT」
2018/06/09
金を残すは三流、仕事を残すは二流、人を残すは一流。一流の生き方とは?
2020/02/15
小矢部市道林寺プレミアム住宅、本日引渡し完了致しました。
2020/09/22
私道を通る時って通行料払わないといけないんでしょ?私道に接していると住宅は建てられないんでしょ?
2020/06/13
みんな、住宅購入にいくら位お金掛けているの?という話。
2019/05/15
どうせ死ぬのに、何故頑張って家を持たないといけないのでしょうね?という話。
2019/04/06
不動産屋なんていう仕事をしていると、怖い事もあるのですが・・・
2011/02/01
パナソニックエコキュートに緊急事態発生。直ちにエラーコードF15を撃墜せよ!
2020/08/03
毎日毎日なんでもありますなあ。中古住宅の雨漏り後日談。おカネを貰うって、やっぱり結構大変。
2019/08/18
住宅に神棚って必要ですか?どこに置けば良い?神棚がある家と無い家の末路
  • 最新情報をメールで確認

    メールアドレスを記入いただければ最新情報をメールで受信できます。いちいちホームページを確認する必要がなく、便利です。解除もすぐに出来ますよ!

Instagram

全ての始まりは相談から!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

    • 1. 入力フォームで希望する物件条件を入力
    • 2. いただいだ希望物件の情報を元に、お客様に合った理想的な物件をご紹介。
    • 3. 電話・訪問・郵送営業等は一切行いませんので、安心してご連絡下さいませ。

PRESIDENT BLOG

代表者の鬱々不動産日記

それぞれ随時更新中

HOUSE TOUR

- ウェブ オープンハウス -