メニュー

2019/05/18
不動産ブログって儲かりますか?
|
よくあるご質問

有限会社ランド・プラン

私は日本一しょーもない不動産ブログを書いている不動産屋なんですが、これが結構、読んで下さっている方がいます。

先日、不動産流通ネットワーク『コアネット』の研修旅行でもこう聞かれました。

「ブログって仕事に繋がりますか?私もやってみようかなあ。でもやっぱり、毎日書かないといけないんですよね?」

と。

確かに、ブログは仕事に繋がります。弊社の広告媒体で考えると、ダントツのコストパフォーマンスを誇っています。

何故なら

原価が

タダ(0円)だから。

で、とにかく私が不動産に関するブログを書き続けているのは、一つには「恐怖心を無くしていただく為」です。

私も人間。特に、人間の中でも極端な部類に入る「人見知り」です。初めての人に会うのは実は非常に怖いです。だからもう、不動産業なんていう仕事は

恐怖の連続

なんですよ。次から次へと『知らない方と』お話し続けないといけないのですからね。

そして、こんなブログを公開しているんですから、相手(例えばあなたの事です)は、私の事を調べようと思えば簡単に調べられます。

実際、私がどんなヤツかなんか、すぐ分かるでしょう?しかし私は

あなたがどんな方なのか?

は、全く分からないのです。向こうはこちらの事を知っているが、こちらは相手の事を知らない。

異種格闘技戦なら「アッサリと私が瞬殺される」パターンですよ。

それだけ「知る・知られる」というのは大変なことなんです。

ですからまず、不動産業者さんで「ブログで仕事に繋げたいなあ」と思われるのであれば、まずはそこの『恐怖心』と戦わなければなりません。

いや、いーんですよ。食べた物とか遊んだ内容とか、かるーい内容を書く分には。そんなのは全く怖くありません。怖いのは「自分の考え方」や「自分のキャラクター」を、しっかりと表面化させる事です。これが恐ろしい。

相手に自分の事を知られるわけですし、「アホなこと書いてるなあ」と思われる事もあるかも知れません。かといって、不動産屋が「食べた物」とか「遊んだ内容」と言った表層的なブログを書いてもしゃーないですしね・・・

自分の人間性を丸々さらけ出さないと、中々「読んで貰える」ブログにはならないと思いますよ。

あと

「毎日書かないといけないんですか?」と聞いている時点でアウトですね。何故ならブログは「書かないといけないから書く」というのでは長続きしません。「超疲れててメンドクセーけど、どうしても書いてしまう!」

という感じじゃないと。

そして最後に。私はブログで仕事を取ろうとは思っていません。

そんな無粋な理由で、私は不動産ブログを書いているのではありません!断固違います!!

私が不動産ブログを書き続けているのは、あくまでも出来る限り、お客さんには「正しく新しい情報を得て貰おう」という信念を持っているのと、

あとは・・・

不動産ブログを書くと、結果的に、『何故か』

仕事に繋がってしまう。

ただそれだけなんですよ✨

てことで不動産ブログ、これからも宜しくお願い致します!

カテゴリー |
よくあるご質問
タグ |
不動産営業
人気の記事
2018/09/14
この差って何?「予約中」と「成約済」と「SOLDOUT」
2018/06/09
金を残すは三流、仕事を残すは二流、人を残すは一流。一流の生き方とは?
2020/02/15
小矢部市道林寺プレミアム住宅、本日引渡し完了致しました。
2020/09/22
私道を通る時って通行料払わないといけないんでしょ?私道に接していると住宅は建てられないんでしょ?
2020/06/13
みんな、住宅購入にいくら位お金掛けているの?という話。
2019/05/15
どうせ死ぬのに、何故頑張って家を持たないといけないのでしょうね?という話。
2019/04/06
不動産屋なんていう仕事をしていると、怖い事もあるのですが・・・
2011/02/01
パナソニックエコキュートに緊急事態発生。直ちにエラーコードF15を撃墜せよ!
2020/08/03
毎日毎日なんでもありますなあ。中古住宅の雨漏り後日談。おカネを貰うって、やっぱり結構大変。
2019/08/18
住宅に神棚って必要ですか?どこに置けば良い?神棚がある家と無い家の末路
  • 最新情報をメールで確認

    メールアドレスを記入いただければ最新情報をメールで受信できます。いちいちホームページを確認する必要がなく、便利です。解除もすぐに出来ますよ!

全ての始まりは相談から!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

    • 1. 入力フォームで希望する物件条件を入力
    • 2. いただいだ希望物件の情報を元に、お客様に合った理想的な物件をご紹介。
    • 3. 電話・訪問・郵送営業等は一切行いませんので、安心してご連絡下さいませ。

PRESIDENT BLOG

代表者の鬱々不動産日記

それぞれ随時更新中

HOUSE TOUR

- ウェブ オープンハウス -