MENU

2023/01/06
人を呪わば穴二つ。『呪術廻戦0』を観て思った不動産トラブル的呪いの意味。
|
いろいろ体験記

有限会社ランド・プラン

遅ればせながら劇場版『呪術廻戦0』を見ました。まあ兎にも角にも乙骨憂太の声が良かった。つい応援したくなります。

声で言うと、私は狗巻棘の声が好きなんですよね。呪言の時の。低音の響きがカッコいい。

テーマが呪術という事で(ちゃんとした)大人の方からすると「そんな(非現実的な)事・・・」と思われるかも知れませんが、乙骨憂太の悩み、想いというのは呪術と関係なく『人間万事に繋がる事』なんですよ。良かったら是非ご鑑賞下さいませ。

さて。今回は『呪術』と言う事で『呪い』について考えてみたんですが、呪いと言われてすぐ思うのはこんな言葉では無いでしょうか?

人を呪わば穴二つ

子供の頃、ばあちゃんにそんな事を言われた記憶があります。人を呪うと自分に返ってくるんやぞ。だから「○ね!」とか「○○す!」とか口に出して言ったらアカンがいぞと(富山弁丸出し)。

本当にそうなってしまうからと。

この辺は狗巻棘の『呪言』っぽいんですが、むしろ日本古来の『言霊』でしょうね。

言った事が本当にそのまま起こるという事ではなく、何かが起こってしまった時に『そういえばあの時・・・』と思い当たる言葉があると、それによって逆算的に『呪い』が成立してしまうと言う流れです。

劇場版スラムダンクにおける少年リョータのマズイ発言もそうですね(※もう帰ってくんな!)。

結局、ネガティブな内容を口に出してはいけないんですよ。

何故か?

誰かの耳に入ってしまうかも知れないし、何よりも『自分の耳に』入ってしまうからです。

呪っている事が相手の耳に入ると呪詛返しされてしまう可能性もありますし、自分の耳に入るとこれがまた、ネガティブワードが自分の体内で増幅されて、益々デカいネガティブに変化してしまいます。

と言う事で、発言には気を付けましょうという自戒でした。不動産屋なんて特に、人の生活に密着した仕事してますし、個人情報を扱う機会も多いんで危険なんですよね。

不動産にまつわるトラブルも、結局は「あの時あんな事言われた!」とか「そんな言い方無いんじゃないですか!?」とかの言葉遣いによる問題が殆どです。

何かとややこしい不動産の話と言えど、言葉を選ぶ事でかなりトラブルは避けられます

と、私は思ってます。

強い言葉を使えばいいってモンじゃありません。逆に強い言葉が返ってきて『穴二つ』という事も良くあるんですよ。穴二つ。つまり『相手も貴方も、双方傷つく』って事です。

だーれも得しません。

言葉とは呪いでもあり、祝いでもあります。どーせなら祝いの方に使いたいものですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
いろいろ体験記
タグ |
神事・祭事

7大お悩み相談

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

よくあるご質問

お客様の声

2020/10/19

『隣りの土地は相場の倍出しても買え』『隣りの土地は借金しても買え』は本当?

お客様の声

2020/09/22

私道を通る時は通行料を払わないといけない?私道に接していると住宅建てられない?私道トラブル。

お客様の声

2023/07/20

洗面台が壊れた!これって保証の範囲内?火災保険の『破損・汚損等』って?

お客様の声

2022/04/19

地元不動産屋の功罪。地元?大手?その不動産相談、誰にする?

お客様の声

2023/03/02

住宅ローン控除の必要書類。登記事項証明書は省略可能?

お客様の声

2019/05/06

えざらいって何?戸建てに住むとそんな事しないといけないの?

お客様の声

2020/11/18

どっちが負担!?住宅解体時の外壁補修問題。隣の壁は誰が直す?

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

住み続けられるまちづくりを

中古活用・循環社会へ

空き家が増え続けています。高岡市だけで一万戸以上の空き家が存在し、6軒に1軒が空き家という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して、安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用・循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せと持続可能な幸福社会』を創造する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

PROPERTY

取扱中物件

PRESIDENT BLOG

不動産屋のひとりごと

実際のご相談事例

そのお悩み、ランド・プランで解消できますよ!

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう