MENU

2022/12/12
子供が大声で遊んでる。庭でバーベキュー。エンジン掛けっぱなし。お隣がうるさい時はどうしたら?
|
よくあるご質問

有限会社ランド・プラン

弊社は一戸建ての売買が専門で、アパートなどは一切やってないんですが、それでも『お隣からの騒音』に関するご相談が結構来ます。

お隣さんは選べませんからね。

購入時は全然そんな事は無かったのに、購入後にお隣にお子さんが生まれたり、ペットを飼われたり、売買などで『住人交代』があって、違う住人が入ってたりする事もフツーに良くあります。

では、たまたまお隣の住人が『結構うるさい』人だったら?

困りますよね・・・

と言う事で不動産屋である私に相談がある場合も多いんですが、結論としては『私にも完璧な解決策はありません』と言う事になります。いかに『泣く子も黙る』不動産屋とはいえ、結局は『相手次第』の話になりますので。

程度の問題もあります。近隣関係はどうしても『お互い様』という観点が重要なポイントになります。「まあ、この程度の音ならガマンしないといけないよね」という『受忍義務』の問題もあります。

騒音についての受忍義務については以下のページが分かりやすかったので、ご紹介しておきます。

全ての騒音が規制対象ではない

ポイントとしては『うるさいかどうか』は受け手の個人的感覚ではなく、客観的な数値によって証明されなければならないという事です。あくまでも『裁判』という最終手段に訴える場合は、ですけども。

私が何かする場合は、大体以下の事をお薦めしています。

1.仲間を作って自治会に相談する。

2.自宅内で騒音対策を行う。

3.引っ越す。

細かい所ではもっと色々あるんですが、ポイントとしては「どうやってあちらに伝えるか?」です。一つお伝えしておくとすれば直接「あのー、うるさいです・・・」と言いに行くのはお薦め致しません

元々友好関係を築いている場合は別ですが、基本的には新たなトラブルの元になりますので。

本当は元々友好関係があれば一番いいんですけどね。日頃からお互いに挨拶して、世間話くらいは出来るような関係性なら、騒音について直接伝える事によって劇的に改善する場合もあります。

というのは、あちらは「騒音を出している」と自分では全く気付いていないケースも、往々にして良くあるからです。

ただ単に「ウルサイ事に気付いて貰う」だけなので、気付いて貰うだけで劇的に改善する事も多いです。でも大抵、騒音問題って「日頃からの友好関係が全く無い」からこそ起こるんですよねえ。

で、そうなると「どうやって伝えるか」が大事になってくるわけですが、私としては出来る限り第三者を巻き込んでいく事をお薦め致します。

騒音って事は、被害者はこちらだけではない可能性があります。あなたと同じく隣接の方も困っている可能性はありますので、まずはそういった味方を探すのは有効な手段です。

また、私としては「そういった時の為の自治会」と信じていますので、是非自治会の方で相談してみていただきたいとは思っています。折角自治会費を払ってるんですからね。

こうした近隣トラブルこそ自治会の出番ですよ。お祭りする為の自治会じゃありません。住民の快適な生活を守る為の自治会です

後は自宅内防音するか、最終手段は引っ越すかです。実際、騒音問題で引っ越された方は結構いらっしゃいます

しかしその前に

近隣であなたと同じように困っている方はいませんか?自治会に相談してみられましたか?

まず「出来る事から」始めてみる事を強くお薦め致します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
よくあるご質問
タグ |
自治会活動
近隣関係

7大お悩み相談

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

よくあるご質問

お客様の声

2022/04/05

こどもみらい住宅支援事業。こどもがいないとダメなの?

お客様の声

2023/10/03

一人不動産屋の功罪。大手不動産会社と零細不動産屋はどっちがお得?

お客様の声

2020/02/24

賃貸が得?持家が得?そんな悠長な話している場合じゃありません。「老後に住める家がない!」

お客様の声

2024/02/26

壁紙(クロス)の繋ぎ目に隙間やヒビがある。これって欠陥住宅?

お客様の声

2022/11/27

何故ランド・プランは床フロアー材に『杉無垢材』を使うのか?

お客様の声

2020/11/15

専属専任媒介とは?中継ぎも抑えもホント大変!

お客様の声

2023/01/14

孤独死?事故死?自殺?他殺?自然死?不動産の『告知事項』のガイドラインって何!?

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

住み続けられるまちづくりを

中古活用循環社会へ

空き家が増え続けています。高岡市だけで11,000戸の空き家が存在し、『6軒に1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用循環社会へ。ランド・プランはあなたの幸せと持続可能な幸福社会を実現する『たかおかSDGsパートナー』です。中古住宅に関するご相談ならお気軽に!

ご相談者の声

あなたもお気軽にご相談くださいませ

PRESIDENT BLOG

現在の販売状況・お知らせ等

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう