MENU

2023/01/14
孤独死?事故死?自殺?他殺?自然死?不動産の『告知事項』のガイドラインって何!?
|
よくあるご質問

有限会社ランド・プラン

最近ミョーにバタついてます。雪が少ないからか・・・。私の行いが悪いからか・・・。

さて。

今回は不動産の『告知事項あり』についてお話致します。

告知事項アリ。なんか和製ホラー映画のタイトルのようですが、不動産実務の中ではフツーに良く出てきます。

不動産のサイトを見ていても結構『告知事項あり』と書かれています。ひっそりと。ですが。

あんまりタイトルからデカデカと『告知事項ありまっせ!』みたいには書きません。

居酒屋さんやカレー屋さんの『牡蠣あります!』というようなノリとは同列に語れない問題。それが告知事項問題です。

ちなみに私は牡蠣が食べられません。怖いから(昔当たった)。

と言う事でようやく本題です。

告知事項というのは簡単に言えば『実は、特にお伝えしておかないといけない事ありまんねん』という事になります。では『特に伝えておかないといけない事』とは何か?

それが今回のタイトルにある「孤独死・事故死・自殺・他殺・自然死(の特殊な場合)」などです。しかしこの辺、今までずーっと曖昧でした。

曖昧と言うのは?

『これは告知すべきだろ』『これはまあ、告知しなくていいだろ』と、不動産業者によって個別に判断されていたからです。

私もこの辺、大変苦慮した事があります。が、2021年に国土交通省がその問題に一応の解決を付けてくれました。

宅地建物取引業者による人の死の告知に関するガイドライン

と言う事で正確な所は上記リンク先をご参照いただきたいのですが、とにかく今回のガイドラインで私が一番のポイントだと思う点はこれです。

人は

結構

家で死ぬ

だから、原則として人が住宅内で亡くなっていたとしても、不動産取引時における『告知事項』には当たらない。つまり、わざわざ説明する必要はない。という事になるんです。

・・・

『特殊な場合』を除いて。

・・・

あー、また違った論点が出てきました。「じゃあどこまでが特殊な場合で、どこまでが通常の場合なんだよう!?

と思いません?私なら思います。

ただ、今回のガイドラインでは、結構その辺も細かく考えられています。なので、気になる方は前記国交省のページをご覧下さいませ。

と言う事で、その辺の説明は超テキトーな男ですが、実際の不動産取引に当たってはしっかりガッツリ説明致しますので、どうぞご安心下さいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
よくあるご質問
タグ |
事故物件

7大お悩み相談

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

よくあるご質問

お客様の声

2022/04/05

こどもみらい住宅支援事業。こどもがいないとダメなの?

お客様の声

2023/01/14

孤独死?事故死?自殺?他殺?自然死?不動産の『告知事項』のガイドラインって何!?

お客様の声

2024/01/11

地震で家のクレセント錠が勝手に外れた!窓が開いている!なぜ?

お客様の声

2023/06/17

富山県に住んで良かった事は?昔から住んでる者には分からない『良いトコ』2選。

お客様の声

2022/04/06

自治会活動、結局どう付き合えば良いの?

お客様の声

2023/05/21

木造住宅は20年(22年)で価値ゼロ?居住用家屋の減価償却と不動産査定。

お客様の声

2019/09/20

そもそも新築住宅って何!?メリット・デメリットは!?

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

安心・快適・満足を叶えます!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

住み続けられるまちづくりを

中古活用循環社会へ

空き家が増え続けています。高岡市だけで11,000戸の空き家が存在し、『6軒に1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用循環社会へ。ランド・プランはあなたの幸せと持続可能な幸福社会を実現する『たかおかSDGsパートナー』です。中古住宅に関するご相談ならお気軽に!

ご相談者の声

あなたもお気軽にご相談くださいませ

PRESIDENT BLOG

現在の販売状況・お知らせ等

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう