MENU

2020/03/01
ネタいただき。住宅ローン控除申請の「不動産売買契約書・工事請負契約書」の印紙貼付問題!
|
不動産屋の日常

有限会社ランド・プラン

一昨日、あるお客様からメールをいただきました。内容はこちら

今日メールしたのは年末調整についてです。
しかも私の〇〇〇〇〇(代表者注:某住宅会社)の件なのですが 、工事請負契約書を持ってきてと税務署に言われ手元の契約書確認すると印紙貼ってなくて (住宅会社に)問い合わせしたら

お疲れ様です。 請負契約書の収入印紙の件ですが、本来は請負業者とお施主様の双方で印紙を貼るものである為、コピーをお渡しする行為は 脱税を促す行為にあたり、当社では禁止となってしまいました。お力になれず大変申し訳ございません。

と店長から返信ありました。 私が印紙買って貼れば良いんですかね? 双方の割印とか必要ないのでしょうか? と送りましたがスルーです そんなもんですか?

という内容。補足しますと、これは「住宅ローン控除」のお話です。

ローン控除を受けるためには「税務署で確定申告の手続き」が必要なのですが、この時 「工事請負契約書」の添付が必要になります。(新築の場合。中古住宅の場合は「不動産売買契約書」) そして今回のケースはその契約書に

「収入印紙が貼って無かった」というお話です。

正確に言うとこまかーい話になるので端折りますが、そもそも「契約書」には「所定の印紙」を貼って割印しないといけません。根拠条文は「印紙税法」かな? ちなみに、これをしないと確かに「脱税」になってしまいます。ではどうすれば良かったか?

実はこの問題「色んなやり方」はあったのですが、そもそも「二通原本を作ったのであれば」最初から双方に印紙を貼って割印しておくべきでした。

そしてもしも「各自で印紙を買って貼りましょう」というのであれば、その辺りはしっかりとお客様に説明し、「脱税になるので」と念押しもしておくべきでした。

事前に。

しかし・・・

「もしお客様が契約書を紛失していたら」この会社はどう対処するのでしょうね?それでもコピーを渡さないのでしょうか?

あ、それと「割印」のお話もありますが、印紙は「誰か当事者一人の」印鑑で消しておけば十分です。たまに

「双方のハンコを押せ!」と言ってくる上司もいましたが、それはあくまでも「形式論」です。

印紙は「貼るだけだと」また再利用出来てしまって意味ないので、とにかく「誰かの印鑑で」消せば十分です。ご安心下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
不動産屋の日常
タグ |
ローン控除

7大お悩み相談

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

よくあるご質問

お客様の声

2019/05/18

不動産ブログって儲かりますか?

お客様の声

2019/12/31

「住宅ローンって、早く返した方が得なんですよね?」

お客様の声

2024/03/04

結露発生!断熱性が悪いから?お金を掛けずに今すぐ出来る防止策は何?

お客様の声

2022/04/19

地元不動産屋の功罪。地元?大手?その不動産相談、誰にする?

お客様の声

2024/01/08

高岡市の屋根瓦修理はどんな業者にお願いすれば良いんですか?

お客様の声

2020/06/13

みんな、住宅購入にいくら位お金掛けているの?という話。

お客様の声

2023/03/02

住宅ローン控除の必要書類。登記事項証明書は省略可能?

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

中古住宅でSDGs!

プレミアム中古住宅は、以下『8つの特徴』を全て
備えた『安心・快適・満足』を叶える住まいです。

scroll me

つくる責任 つかう責任

中古住宅を活用する

空き家が増え続けています。高岡市だけで11,000戸の空き家が存在し、『6軒に1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産大量消費社会から中古活用循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せ』と『持続可能な幸福社会』を実現する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

PRESIDENT BLOG

不動産屋のひとりごと

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう