MENU

2023/08/07
7月12日の豪雨で被害を受けたんですが、買い取り可能ですか?
|
住まい処分

有限会社ランド・プラン

先日。令和5年7月12日~13日にかけて高岡市で大雨が降りました。正に『豪雨災害』というべきレベル。

被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

その関係で最近。

あの大雨で自宅が床上浸水(又は床下浸水)してしまったので、もっと安全な場所に転居したいんです。今の家を買い取って貰えますか?

というご相談が増えております。新築後『数年』しか経ってない家で、そういった事が起こっています。

しかし残念ながら、『問題ありませんよ!弊社で買い取らせていただきます!!』とはいかないのが現実です。

ケースバイケースですが、水の動きには『水の記憶』とでも言うべきものがありまして、何か根本的な手を打たなければ、また同じような大雨が降った場合、同じような事が起こり得るからです。

貴方なら、そういった家(再び床下浸水・床上浸水が起こるかも知れない家)に、住みたいでしょうか?

しかし。逆に言えば。

『何か根本的な手が打たれていれば』一度水害を受けた所であっても普通に売買は可能なわけです。治水工事を行うとか、堤防を整備するとか。そういった事が施され、一定の安全性が担保出来れば、不動産売買を進める事は十分可能です。

とはいえ。

そういった事は『個人レベル』でどうこう出来る事ではありません。では、個人レベルで出来る事といえば?

『水害があった場所ですけど、その分安くしています』という事をアピールして、なんとか不動産を売却するというのが現実的な落とし所でしょう。

しかしここで問題になるのが!

住宅ローンです。住宅ローンが多く残っている家だと、『安く売る』というのが難しくなります。売却金額で住宅ローンを完済できないからです。住宅ローンを無くさないと、不動産売買は出来ません

ただ、現実として。

新築後数年、せいぜい10年程度しか経ってない家の場合、住宅ローンを完済する程の価格で売却する事は非常に困難です。

そうなると。

結局は『売却出来ず』その場所で住み続けなければならないわけです。再び豪雨災害に遭ってしまうかも知れない場所で。

救いが・・・

ない・・・

・・・

この問題、中々根深いので、次回に続きます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    カテゴリー |
    住まい処分
    タグ |
    豪雨

    7大お悩み相談

    お客様の声

    2022/04/15

    住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

    お客様の声

    2022/04/16

    多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

    お客様の声

    2022/04/21

    家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

    お客様の声

    2022/04/09

    賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

    お客様の声

    2022/04/17

    集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

    お客様の声

    2022/05/01

    中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

    お客様の声

    2022/04/09

    子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

    よくあるご質問

    お客様の声

    2022/01/25

    築〇十年なのに、なんでこんなに固定資産税が高いの!?に対する答え。

    お客様の声

    2023/04/24

    凍結を原因とする水漏れ。水道料の減免申請って?

    お客様の声

    2020/06/13

    みんな、住宅購入にいくら位お金掛けているの?という話。

    お客様の声

    2023/09/10

    町内の草刈り・除草には参加すべき?高岡横田南ニュータウンの例

    お客様の声

    2020/11/15

    専属専任媒介とは?中継ぎも抑えもホント大変!

    お客様の声

    2022/04/04

    住宅購入の際の火災保険。結局どうすれば良い?

    お客様の声

    2023/05/21

    木造住宅は20年(22年)で価値ゼロ?居住用家屋の減価償却と不動産査定。

    • ブログ購読

      いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

    安心・快適・満足を叶えます!

    (有)ランド・プラン 代表取締役

    高野 竜成

    住み続けられるまちづくりを

    中古活用・循環社会へ

    空き家が増え続けています。高岡市だけでも1万戸以上の空き家が存在し、今や『6軒中1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して、安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用・循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せ』と『持続可能な幸福社会』を創造する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

    PROPERTY

    取扱中物件

    PRESIDENT BLOG

    不動産屋のひとりごと

    不動産ご相談事例

    そのお悩み、ランド・プランで解消できますよ!

    ブログの更新通知を受け取れます!
    ブログサムネイル

    更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう