MENU

2024/02/10
住宅購入で『引っ越す前に住所移転(住所異動)』するメリット
|
販売状況

有限会社ランド・プラン

砺波市宮村中古住宅、本日ご成約となりました。誠にありがとうございます!

お断りしてしまった方におかれましては本当に申し訳ありませんでした。なんせ不動産ってヤツは一個しか無いもので・・・

さて。

タイトルにもありますが今回は住宅購入の際の『住所移転』についてです。

住所というのは『住民票上に記載されている住所地』の事です。あなたにも住所地がありますよね?

な、無い!?

確かにそういう、スナフキンのような方もいらっしゃるでしょう。それかフーテンの寅さんか。はたまた山下清か。

その辺の分類はさておきますが、住宅を買って住むからにはその場所が『住所地』となります(原則として)。

ここで問題は。

住宅を購入する事は決まったけど、現実にはまだ住宅に引っ越していない時。この局面で住民票を異動出来るのか?という事です。

不動産売買の際、『登記』というのを行うんですが、この時に『購入者の住民票』を付けないといけないんです。では、この時の住民票は『今の住民票』か『新しい(購入する所の)住民票か』という話です。

原理原則で言えば。

まずは『現在の住民票』を取って、それを持って登記申請(所有権移転登記)して、実際に引っ越して。

それから住所変更の手続き(住所異動)をして、もう一回住民票を取って、それを持ってもう一回登記申請(住所変更登記)して。という流れになります。

面倒くさくないです?

役所で2回住民票を取って、法務局で2回登記手続きしないといけないんですよ。私なら嫌ですね。

時間も手間も掛かりますし、専門家(司法書士)に頼んだらそれぞれで手数料を請求されます(仕事なので当たり前ですが)。

なので。

不動産売買の実務においては『先に住所異動して、新しい住民票を取る』という事をしています。それで登記手続きをすれば一回で終わるからです。

厳密に言えばこの時。

『実際にはまだ住んでいない(転居してない)』ので、その辺でお役所の方からどーのこーの言われる時はあります。

「実際に住んでから来て下さい」とか。

しかし、お役所の方は『いつもお役所』にいるので分からないでしょうが、こちとら庶民はそんなにしょっちゅう役所に行けないんですよ!

平日の!!日中に!!!

ね?

そして、そんな細かい事を言ってたら、実際の世の中は上手く回りませんよ。

ね?

総務省のページを見ても

『住所変更の届出は法律上の義務です。正当な理由がなく届出をしない場合、5万円以下の過料に処されることがあります

とありますから、届出しない事はマズいんでしょうが、『早めに届出をする事』に対してはそんなにダメな事とは思えません。

よね?

なので、さらっとやりましょう。

さらっとやればいいんです。分からない事があれば聞いて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
販売状況
タグ |
中古住宅
砺波市

7大お悩み相談

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

よくあるご質問

お客様の声

2022/01/25

築〇十年なのに、なんでこんなに固定資産税が高いの!?に対する答え。

お客様の声

2022/04/04

火災保険をどうするか?住宅購入時の火災保険実戦知識。

お客様の声

2022/04/06

自治会活動、結局どう付き合えば良いの?

お客様の声

2024/02/26

壁紙(クロス)の繋ぎ目に隙間やヒビがある。これって欠陥住宅?

お客様の声

2023/07/11

農地(田・畑)から宅地(雑種地含む)に地目変更すると、固定資産税はどうなるの?

お客様の声

2022/04/04

住宅購入の際の火災保険。結局どうすれば良い?

お客様の声

2022/11/26

富山県で新築・中古住宅入居時のお祓い、どの神社にお願いする?

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

住み続けられるまちづくりを

中古活用循環社会へ

空き家が増え続けています。高岡市だけで11,000戸の空き家が存在し、『6軒に1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用循環社会へ。ランド・プランはあなたの幸せと持続可能な幸福社会を実現する『たかおかSDGsパートナー』です。中古住宅に関するご相談ならお気軽に!

ご相談者の声

あなたもお気軽にご相談くださいませ

PRESIDENT BLOG

現在の販売状況・お知らせ等

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう