MENU

2022/09/22
芸は身を助ける。モテないのも身を助ける。少し悔しいけども
|
不動産屋の日常

有限会社ランド・プラン

芸は身を助ける。と言います。私はその昔(中学生)の頃、体操部だったんですが、当時はバク転とかバク宙とかが出来ました(多分今も出来る。はず)。

「そんなもん出来て何になるの?」と思われるかも知れませんが、実際に役立った事があります。

高校時代(当時は野球部)のお話。

練習試合の後に二上山の下り坂を自転車で爆走していたんですが、自転車のハンドルにぶらさげていた野球のスパイク(靴)が前輪に絡まって自転車が急停止を起こし、私が虚空に射出されるという事態が発生しました。

何故そんな所にスパイクをぶらさげていたのか?については、当時の私がバカだったとしか言いようがありません。

本当にもう、ジャッキーチェンの映画のように大空をぶっ飛んだんですよ。映画『ET』の名シーンのように『自転車ごと』飛ぶんじゃなく、自転車は止まって私だけが大空を飛ぶ。フライハイです。

で、そのままだと多分、頭から突っ込んだり手を付いたりして大変な事になっていたと思うんですが、当時の私は空中でもクールでした。冷静に、こう考えたのです。

これはジタバタすると危ない。冷静に、一回転して足から着地しよう。

結果。

くるっと一回転して見事に着地。周りの野球部メンバーはあっけに取られてました。30年経った今でもその『空中にいた感覚』は覚えてますね。マジでジタバタしなくて良かった。シブがき隊に感謝です。

って事で、見に着いた芸は身を助けるって事ですよ。

同様に。

今朝新聞を読んでましたが、『男女関係』の話でいくつかの事件が書いてありましたね。ちょっとだけ関係のある企業のお話もあったので『そんな事もあるんや・・・』と興味深く読んでおりました。

ブランドイメージってのがありますからね。その辺どうなるのか。

それにしても男女問題ってのは怖いですね。人間の、いや生物にとっての『本能』の部分であり、中々リスク回避は難しいのだろうなと思いつつ、そういう私には全くそんなリスクが起きる気配もなく。

『モテない』というのは誠に寂しい話ですが、それによって身は助かるので、それはそれで幸せな事なんだなあと思った本日でした。

まあ体操は、マジでやっておいて良かったですね。やってなかったら死んでたか、大怪我してた所ですからね。

てことで本日の結論はコチラ。

自転車の前輪にスパイクをぶらさげて自転車を走らせてはならない。

ご注意を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
不動産屋の日常
タグ |

7大お悩み相談

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

よくあるご質問

お客様の声

2020/12/09

不動産取得税の納付書と申告書が届いた。でも建築中で「建物」の申告書が書けない。どうすれば?

お客様の声

2022/04/06

自治会活動、結局どう付き合えば良いの?

お客様の声

2024/01/06

地震でクロスが割れた。タイルが割れた。これは地震保険適用内?

お客様の声

2022/05/04

近隣挨拶はどこまで?いつする?引っ越しのご近所回りは「真の大人」への階段だ!

お客様の声

2023/07/25

こどもエコすまい支援事業。子供が『いない』のに対象ってこれいかに?

お客様の声

2019/06/24

不動産売買の「違約金」って何ですか?何されるんですか?

お客様の声

2024/01/08

高岡市の屋根瓦修理はどんな業者にお願いすれば良いんですか?

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

住み続けられるまちづくりを

中古活用・循環社会へ

空き家が増え続けています。高岡市だけで一万戸以上の空き家が存在し、6軒に1軒が空き家という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して、安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用・循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せと持続可能な幸福社会』を創造する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

PROPERTY

取扱中物件

PRESIDENT BLOG

不動産屋のひとりごと

実際のご相談事例

そのお悩み、ランド・プランで解消できますよ!

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう