メニュー

2022/04/15
住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?
|
7大お悩み相談

有限会社ランド・プラン

住宅の老朽化。今回の写真は「ちょっとひどすぎ」でしょうが、気になる問題です。

住宅にも寿命というのがあります。残念ながら人にも。

ツラいなあ・・・

でもそれはしゃーないですね。

という、諦観あふれる冒頭で落ち込まないで下さいね。「老いることも死ぬことも人間という儚い生き物の美しさ」なんですよ(©煉獄さん)

しかしこの「住宅寿命」、実にビミョーなんですよね。

ある人は「住宅の寿命は30年だろ!」と言います。ある人は「20年だろ!」とも言います。

逆に

「60年位はフツーに大丈夫やろ!」という意見や「100年でも200年でも持つやろ。」と言う意見もあります。

日本は税法上「木造住宅の法定耐用年数は22年」となってますので、なんとなく「家の寿命は25年くらいじゃね?」というノリが強いですが、私はそういった考え方には大反対です。

だって

住めますもん。25年経ってようと30年経ってようと50年経ってようと。しかし、それは今回の本題では無いのでまたいずれ。今回は住宅の老朽化による「修繕or住み替え」問題です。

ここからは私の15年に渡る不動産業界の経験ですが、基本的には「少しずつ直しながら住んで貰いたいなあ」とは思います。折角持っている住宅ですからね。大事に使った方がお得ではあります。

しかし

「何度も何度も修繕を繰り返した末に、結局住み替え」というケースもめちゃくちゃ多いです。なんだかんだめちゃくちゃ住宅におカネを掛けて、結局出ていく。

そして売る時は「売値」にその修繕費用は考慮して貰えない。これが現在の不動産市場です(私は考慮しますよ)。

ちなみに私自身、以前の家(二世帯同居)には結構多額のお金を掛けました。

まずは住宅の二階部分を子世帯で住めるようにリノベーション(キッチン・トイレ・洗面台新設。サンルーム増築。内装フルリフォーム。エアコン3台設置)

その後、お風呂が共同なのがガマン出来なくなって、二階にお風呂新設

その後、断熱性が気になって二階部分に全てインナーサッシ設置

その後、一階からの冷気が気になって階段部分に建具(ドア)新設

総額でいくら掛けたのか定かではないですが、多分1000万円近いでしょうね。それが全てパー。何をしてたんやらサッパリ分かりません。こんな事ならさっさと自分の家を買っておけば良かったと思ってます。

難しい判断ですけどね。そのまま住んでいれば「経済的には」ラクだったのかも知れません。

でも、不思議な事に、自分の家を持ってからの方が貯蓄が増えてるんですよ。ローン返済の分、支出は多くなっているはずなのに。

これは多分、私が計画的におカネを使うようになったからだと思ってます。自分の家を持つとなーんか意識が変わりますよ。

・・・

あれ?

いつのまにか「私の回顧録」みたいになってしまいましたね。参考にならないでしょうが、なんとか参考にして下さいませ。最後に一言。

住宅は築年数じゃない。管理状態なんだ

という事で、住宅の老朽化に関するご相談もお気軽に

カテゴリー |
7大お悩み相談
タグ |
プレミアム中古住宅
リフォーム・リノベ
築年数
7大お悩み相談
2022/04/17
集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?
2022/04/15
住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?
2022/04/09
賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?
2022/05/01
中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?
2022/04/09
子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?
2022/04/16
多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?
2022/04/21
家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?
よくあるご質問
2020/11/15
専属専任媒介とは?中継ぎも抑えもホント大変!
2022/05/04
近隣挨拶はどこまで?いつする?引っ越しのご近所回りは「真の大人」への階段だ!
2022/04/04
居住中物件の内見(内覧)で気を付ける事って?
2020/02/08
凍結!?ポンプの故障!?「井戸水が出ない!どうすれば良いんですか!?」
2022/01/12
【保存版】住宅ローン控除(減税)に関するご質問をいただきましたので。確定申告実践編。
2020/04/30
不動産業者とか建築業者とかコーディネーターさんからのウケは良い。玄人好み?のプレミアム中古住宅って、何?
2020/10/04
入村料(入会料)って何?絶対に払わないといけないの!?町内会費・自治会費の真実。
  • 最新情報をメールで確認

    メールアドレスを記入いただければ最新情報をメールで受信できます。いちいちホームページを確認する必要がなく、便利です。解除もすぐに出来ますよ!

お一人お一人のお悩みと
真剣に向き合いたいので
ご相談は完全予約制です。

全て代表者自身が担当します。
(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

PRESIDENT BLOG

代表者の鬱々不動産日記

それぞれ随時更新中

HOUSE TOUR

- ウェブ オープンハウス -