MENU

2024/06/03
町内対抗ナイターソフトボール開催。『南を甲子園に連れてって』
|
いろいろ体験記

有限会社ランド・プラン

毎年恒例の『町内対抗ソフトボール大会』の季節がやってきました。コロナのせいで(お陰で?)数年間取り止められていたイベントが、いよいよ戻ってきたんです!

あ、去年もあったかも知れません。あったかも知れませんが、その辺の記憶がもう曖昧なんですよね。多分あったんでしょう!

それはともかく。

正直に言ってこのようなイベントは、私にとって

超メンドクサイ・・・⤵

というのが本音です。

昨日の話じゃありませんが、まさに『コスパ・タイパ』の問題なんですよ。何故、私の貴重な時間を使って、そして貴重な体力を削って、なおかつ無料で(ここが結構ポイント)一所懸命スポーツをしないといけないのか?

理不尽です。

せめて『動いた分のおカネ(日当)を下さいよう!』などと思ってしまいます。

が、そんな事を言うと『お前はカネの亡者か!?』と言われそうなのでやめておきます(もう言ってしまってますが)。

ただ・・・

確かにメンドクサイんですが、いざソフトボールなんてものをやりだすと。『やるからには勝たねば!』と思ってしまいます。やるんなら勝つ。負けるために動いてるんじゃない!という気持ちになってしまうんですよね。

結果。

たまたま勝ってしまって、次の試合に出ないといけなくなって、また『メンドクサイなあ・・・』と思ってしまうんですけども(勝ち抜きのトーナメント方式なので)。

さっさと負けてしまえば『もう試合に出なくて良いので』非常にラクで、合理的に考えれば『負けた方が得』なんです。

でも、やっぱり試合(戦い)となると、負けたくないんですよねえ・・・『人間』としての、いや!『生物』としての本能なのかも知れません。

ちなみに今回のタイトルは。

ソフトボールをしていた最中に、なんとなく脳裏に蘇ってきたセリフから取りました。『南を甲子園に連れてって』ですね。ご存知、野球漫画の最高峰『タッチ』の名言です。

ちなみのちなみに。

漫画『タッチ』の中において、南ちゃんは『南を甲子園につれてって』とは言ってないんですよ。ご存知でした?『甲子園つれてって』とは言ってますが。『南を甲子園に連れてって』とは言ってません。

なんかですねえ、この『南を』という主語が入るかどうかで、この言葉の印象はかなり変わると思うんですよ。前後の文脈もありますし。

・・・

ソフトボールをしながら、ボンヤリとそんな事を考えていました(全くプレーに集中してないという証拠ですね)。

ちなみに、その日私がやっていたポジションは『キャッチャー』でした。

タッチで言えば松平孝太郎の役回りですよ。

知らない!?

そうですか・・・私が子供の頃、キャッチャーと言えば彼でしたが・・・(伴 宙太はもっと昔

『キャッチャーと言われたら誰を思い出します?』と聞かれた場合。人によっては

『古田だ!』とか、『城島だ!』とか、『阿部だ!』と言う人もいますが、とにかくその辺の世代間ギャップも楽しめるので、やっぱりこういうイベントは面白いですよ。

ちなみに私は『キャッチャーと言えば』本当は巨人の山倉なんですよねえ。ザ・昭和ですねえ。

と言う事であなたも、是非町内対抗ソフトボールなんてものがあったら恐れずに参加してみて下さいませ。

そうすれば・・・

南ちゃんのような魅力的な人に、応援して貰えるかも知れませんよ!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    カテゴリー |
    いろいろ体験記
    タグ |
    自治会活動
    野球の話

    7大お悩み相談

    お客様の声

    2022/04/09

    子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

    お客様の声

    2022/04/17

    集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

    お客様の声

    2022/04/21

    家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

    お客様の声

    2022/05/01

    中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

    お客様の声

    2022/04/15

    住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

    お客様の声

    2022/04/09

    賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

    お客様の声

    2022/04/16

    多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

    よくあるご質問

    お客様の声

    2023/03/02

    住宅ローン控除の必要書類。登記事項証明書は省略可能?

    お客様の声

    2024/01/18

    高岡市某所の土地売買完了。隣地を少しだけ欲しい時はどうする?

    お客様の声

    2022/05/04

    近隣挨拶はどこまで?いつする?引っ越しのご近所回りは「真の大人」への階段だ!

    お客様の声

    2023/06/13

    隣の敷地からサッカーボールが飛んでくる。子供が不法侵入。どうしたら良いですか!?

    お客様の声

    2023/10/03

    一人不動産屋の功罪。大手不動産会社と零細不動産屋はどっちがお得?

    お客様の声

    2022/11/26

    富山県で新築・中古住宅入居時のお祓い、どの神社にお願いする?

    お客様の声

    2022/11/26

    甘い物を食べると、しょっぱい物が食べたくなる。後悔の無い家づくりとは?

    • ブログ購読

      いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

    私がサポート致します!

    (有)ランド・プラン 代表取締役

    高野 竜成

    住み続けられるまちづくりを

    中古活用・循環社会へ

    空き家が増え続けています。高岡市だけで一万戸以上の空き家が存在し、6軒に1軒が空き家という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して、安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用・循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せと持続可能な幸福社会』を創造する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

    PROPERTY

    取扱中物件

    PRESIDENT BLOG

    不動産屋のひとりごと

    実際のご相談事例

    そのお悩み、ランド・プランで解消できますよ!

    ブログの更新通知を受け取れます!
    ブログサムネイル

    更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう