メニュー

2022/09/16
結構ある。贈与?売買?「親子間・親族間の不動産取引ってどうすればいいんですか?」
|
よくあるご質問

有限会社ランド・プラン

最近ちょくちょく「親子間・親族間の不動産取引」に関するご相談を受けます。

「私の名義になってるんだけど、実際には私は住んでなくて、子供に住まわせている(から所有権を移転したい)

というケースとか、

「私の名義になってるんだけど、結婚の為に家を出るので、弟(妹)に譲りたい

というケースとか、

妻に家を渡したい

というケースとか、色々あります。

従兄弟と不動産取引するとか、叔父・叔母から不動産を譲り受けるとか、そういう事もあります。

まずこの時、一番最初に確認しないといけないのが「住宅ローンがあるかどうか?」です。これがあると「親族間」だけの話では済まず、「借入先金融機関」も絡んで来るからです。

親族間の不動産取引の場合は通常『売買』か『贈与』になるんですが、どちらにしても金融機関が絡んで来ます。なのでまず、借入金融機関に相談して下さい。

しかし、借入金融機関も、そう親身に相談に乗ってくれる人(半沢みたいな人)は少ないですし、金融機関の方では出来ない事(不動産の調査や契約書の作成など)もありますので、まずは信頼出来る不動産業者に相談して貰いたい所です。

住宅ローンが無い場合は?

この時も『売買』か『贈与』になるんですが、金融機関が関わって来ないのでその点ではラクです。しかし『だから簡単』というわけには行かず、やっぱり不動産に関する知識や契約に関する手続き、そして皆様大好きな

税金

の話も関わってきます。で、税金と言えば『税理士さん』が専門職なんですが、税理士さんでは出来ない事もありますので、まずは信頼出来る不動産業者に相談して貰いたい所です。

「信頼出来る不動産業者がいないので、自分達だけでやりたいんだけど?」という場合は?

不動産登記を扱う『司法書士さん』に相談する方法もあります。ただ、司法書士さんは文字通り「書士」で、書類手続きを行う専門職になりますので、不動産取引の事や現地でのトラブル相談などには応じてくれません。

という事で結局、信頼出来る不動産業者に相談するのが一番だとは思います。そうすれば信頼出来る税理士さんを紹介して貰えて、信頼出来る司法書士さんも紹介して貰えて、金融機関とも折衝してくれますので。

弊社には珍しい硬い話になってしまいましたが、最近相談が多い分野でしたので一応書いてみました。実際には色んな事情があり、ケースバイケースなので、とにかく資料を揃えてご相談いただけるのが一番と思います。

あとは『親族』とは言っても『利害関係が絡む人間同士のやり取り』ですし、全くの見ず知らずの場合よりも昔から知っている分『却って話しづらい』事も出てきます。ぐちゃぐちゃに話が混乱してしまう場合も、ままあります。

その辺の意思疎通というか、説明、根回しなども非常に大事になって来ます。

親族間取引を、侮ってはなりませんよ!

カテゴリー |
よくあるご質問
タグ |
不動産トラブル
7大お悩み相談
2022/04/21
家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?
2022/04/09
子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?
2022/04/15
住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?
2022/05/01
中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?
2022/04/09
賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?
2022/04/17
集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?
2022/04/16
多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?
よくあるご質問
2022/04/04
居住中物件の内見(内覧)で気を付ける事って?
2020/09/22
私道を通る時って通行料払わないといけないんでしょ?私道に接していると住宅は建てられないんでしょ?
2022/04/06
自治会活動、結局どう付き合えば良いの?
2022/05/22
大は小を兼ねるって本当?小さな家・大きい家のメリットデメリットは?住宅の適正サイズってどんな感じ?
2019/09/20
そもそも新築住宅って何!?メリット・デメリットは!?
2020/12/18
必要?無用?地鎮祭はやるべきなのか?実際にこんな事もあります。地鎮祭をやられた方の声。
2020/12/09
不動産取得税の納付書と申告書が届いた。でも建築中で「建物」の申告書が書けない。どうすれば?
  • 最新情報をメールで確認

    メールアドレスを記入いただければ最新情報をメールで受信できます。いちいちホームページを確認する必要がなく、便利です。解除もすぐに出来ますよ!

お一人お一人のお悩みと
真剣に向き合いたいので
ご相談は完全予約制です。

全て代表者自身が担当します。
(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

PRESIDENT BLOG

代表者の鬱々不動産日記

それぞれ随時更新中

HOUSE TOUR

- ウェブ オープンハウス -