MENU

2022/12/17
不動産評価は本当にややこしい。宅建協会高岡支部、路線価の精通者意見会。
|
不動産屋の日常

有限会社ランド・プラン

たまには真面目な話を。先日、(公社)宅建協会高岡支部にて路線価の為の精通者意見会が行われました。

正式な名称は知りませんが、国税庁からの委託を受け、不動産の相続税などを算出する際の「不動産価格」に関して参考意見を出すわけです。

自分で書いてて『分かったような分からんような』と思いますけども。

精通者という事ですが、端的に言えば『その地域の不動産取引に強い』と言われる『地元不動産業者』の中から選ばれた役員で意見を出し合います。

私が担当したのは『高岡市西地区』で、こちらについては私を含め、7名の不動産業者で意見を出し合いました。

結構公的な要素が強い仕事ですからね。真面目にやらないといけません(そりゃそうでしょうね)。

不動産の評価ってのは一言で言えば『理論値』です。売りたい人がいて、買いたい人がいて、本来はそれぞれ好き勝手な事を言っていいんですよ。

「俺はこの価格じゃないと売らない」「俺はこの価格じゃないと買わない」など。

別にそれは『個々の案件ごとに』好き勝手言って良いんですが、『全体で見ると』ある程度の”相場”が形成されてきます。

その”相場”ってのが今どんな所にあるのか、その空気感を数字に表すようなイメージです。

分かったような分からんような事書いてますけども。でも実際、不動産の価格ってそんな感じですよ。ふわっとしてます。

ふわっとしてるんですが、そこは各種税金の算出基盤になる数字なので、それなりの根拠というものが必要です。その為の精通者意見ですね。

で、肝心の不動産評価ですが、今年は「上下あんまり無い」という所です。下がってる所は下がり切ってるイメージですしね。

しかし、特定の住宅地では『インフラ整備が進んでいる』という理由で微増している所もあり。便利になれば人気も上がる。人気が上がれば価格も上がる。シンプルな話です。

原材料も上がり、飲食品も上がり、燃料代も上がる中で地価も上がる。我々庶民にとってはイヤな話ではありますが、”相場”というのは「個々の感覚」ではなく「全体の動き」で決まっていきます。

だから私に文句言わないでねって話でしたw

私が言う事も、不動産の評価に負けず本当にややこしいですな。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    カテゴリー |
    不動産屋の日常
    タグ |
    不動産売却
    宅建協会
    相続

    7大お悩み相談

    お客様の声

    2022/04/09

    子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

    お客様の声

    2022/04/21

    家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

    お客様の声

    2022/04/09

    賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

    お客様の声

    2022/04/16

    多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

    お客様の声

    2022/04/15

    住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

    お客様の声

    2022/05/01

    中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

    お客様の声

    2022/04/17

    集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

    よくあるご質問

    お客様の声

    2022/04/06

    自治会活動、結局どう付き合えば良いの?

    お客様の声

    2018/09/14

    この差って何?違いは何?不動産取引の「予約」と「売約(成約)」と「SOLDOUT」

    お客様の声

    2023/03/19

    相談するのにお金は必要?無料なのはどんな場合?

    お客様の声

    2022/05/11

    建築条件付き土地の「建築条件」は外せる?正直不動産第6話の感想。

    お客様の声

    2022/05/03

    ゴールデンウィークって不動産会社もお休みですよね?真のワークライフバランスとは!?

    お客様の声

    2022/04/11

    「まんぞ」「まんぞう」とはなんぞ!?万雑という不思議なお言葉

    お客様の声

    2024/01/06

    地震でクロスが割れた。タイルが割れた。これは地震保険適用内?

    • ブログ購読

      いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

    安心・快適・満足を叶えます!

    (有)ランド・プラン 代表取締役

    高野 竜成

    住み続けられるまちづくりを

    中古活用・循環社会へ

    空き家が増え続けています。高岡市だけでも1万戸以上の空き家が存在し、今や『6軒中1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して、安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用・循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せ』と『持続可能な幸福社会』を創造する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

    PROPERTY

    取扱中物件

    PRESIDENT BLOG

    不動産屋のひとりごと

    不動産ご相談事例

    そのお悩み、ランド・プランで解消できますよ!

    ブログの更新通知を受け取れます!
    ブログサムネイル

    更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう