MENU

2020/08/13
今から三日間。私は「日本国」の事を考えます。(つまり、不動産業は休みます)
|
不動産屋の日常

有限会社ランド・プラン

この時期になると例年、テレビで「先の戦争」に関する番組が流れます。

そして、不謹慎なのかも知れませんが、私がそういう番組を見て「正直に」いつも思うのがこれ。

「この時代に生まれなくて良かった」。

だって、あまりに過酷・悲惨・理不尽な時代でしょう?

ちなみに。20数年前に逝去した私の祖父はいわゆる「職業軍人」でした(陸軍中尉)。

今から思うと「もっと当時の話を聞いておけば良かった」と思いますが、「話を聞く」にも「ある程度の知識」は必要なもので、子供の頃の私は全くその辺に無知でしたし、興味も無かったわけです。

18歳頃になってようやく色んな本を読むようになり、大戦の知識も多少得たので祖父に

「実際、戦争てどんな感じやったん?」と聞いたのですが、その時は1時間だったか2時間だったか、色んな事を語ってくれまして、私としても

「どんどん出てくるな!そんな何十年前の事、よう憶えとるな!!」と驚いた記憶があります。

多分ですが

「自分(達)がやってきた事を、ちゃんと分かって欲しい」という気持ちもあったのじゃないかなあと思います。基本的に、自分の事は一切喋らない人でしたから。プラス、

「誰に、何を言ったって分かって貰えない」という諦念も、そもそもあったんでしょうね。今から思うと。

筆舌に尽くしがたい思いもしたでしょう。祖父に限らず、あの時代に生きていた人全員。

そして、それに比べれば現代は、確かに新型コロナウィルスで大変とは言え「過酷さ」で言えば全く比べ物にならない平穏さです。

しかしその「平穏さ」も「全体的・相対的」なものであり、個々の生活を細かく見れば、やっぱり過酷な事は多いわけです。仕事の事、家庭の事、身体の事。

私としても「どう解決していけば良いのやら」と、押しつぶされる気持ちになる事も多いです。でも

一つ一つ向き合って、一つ一つでも解決していかないといけません。全部いっぺんに上手く行く事などあり得ませんが、とにかく一つずつ。

解決出来ない事もたーーーーーーーーーーくさんありますが、解決出来る事から、一つずつ。

今日から三日間、その辺の事を、今一度しっかりと見つめ直します。という事で次回は8月17日、成長(しているはずの)私をお見せ致します。

「男子三日会わざれば刮目して見よ」

by.呂蒙

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    カテゴリー |
    不動産屋の日常
    タグ |

    7大お悩み相談

    お客様の声

    2022/05/01

    中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

    お客様の声

    2022/04/21

    家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

    お客様の声

    2022/04/09

    子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

    お客様の声

    2022/04/17

    集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

    お客様の声

    2022/04/15

    住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

    お客様の声

    2022/04/09

    賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

    お客様の声

    2022/04/16

    多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

    よくあるご質問

    お客様の声

    2024/03/15

    この3つでok。悪徳不動産屋が語る『人前で喋るコツ』

    お客様の声

    2019/05/06

    えざらいって何?戸建てに住むとそんな事しないといけないの?

    お客様の声

    2024/01/11

    地震で家のクレセント錠が勝手に外れた!窓が開いている!なぜ?

    お客様の声

    2020/11/18

    どっちが負担!?住宅解体時の外壁補修問題。隣の壁は誰が直す?

    お客様の声

    2024/01/08

    高岡市の屋根瓦修理はどんな業者にお願いすれば良いんですか?

    お客様の声

    2019/08/18

    住宅に神棚って必要ですか?どこに置けば良い?神棚がある家と無い家の末路

    お客様の声

    2024/01/06

    地震でクロスが割れた。タイルが割れた。これは地震保険適用内?

    • ブログ購読

      いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

    安心・快適・満足を叶えます!

    (有)ランド・プラン 代表取締役

    高野 竜成

    住み続けられるまちづくりを

    中古活用・循環社会へ

    空き家が増え続けています。高岡市だけでも1万戸以上の空き家が存在し、今や『6軒中1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して、安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用・循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せ』と『持続可能な幸福社会』を創造する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

    PROPERTY

    取扱中物件

    PRESIDENT BLOG

    不動産屋のひとりごと

    不動産ご相談事例

    そのお悩み、ランド・プランで解消できますよ!

    ブログの更新通知を受け取れます!
    ブログサムネイル

    更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう