MENU

2020/11/21
小矢部市埴生住宅用地、本日ご決済いただきました。(副題:住宅一戸当たりの平均購入額)
|
販売状況

有限会社ランド・プラン

秋は結構不動産が動く時期とは言え、怒涛の「契約・決済ラッシュ」ですな。本日小矢部市埴生住宅用地、ご決済いただきました。

その時、某銀行で「ライフイベント」の話があったのですが、そこでは「住宅に関する平均購入額」として3400万円という数字が紹介されてました。

人が、自分の住まいを持つ平均購入額が、3400万円。

3400万円。

3400万円!?て、結構高いと思いませんか!?私は思います。

でも、土地を買って、自分が望む住宅を建てるとなれば、現実的にそれ位の金額にはすぐになります。試しに「好きな感じの住宅メーカー」に行って「本当に住んでみたい家」を相談してみて下さいませ。

フツーに、かんたーんに2500万円以上にはなります(勿論建物だけで)。

ちなみにさっきの「3400万円」というのは「多分日本全国」の平均値であって、都会の方は富山よりもよっぽど土地価格が高いわけですから、都会の方の内訳は多分

土地1700万円・建物1700万円

みたいなノリなのでは無いかと勝手に考えています。でも建物1700万て、かなり小さめの住宅ですよ。

富山県は地価が安くて良かった・・・。と、改めて感じる次第です(その分、建物におカネ掛けられますからね)。

ちょっと疲れてるので取り止めの無い話になってますが、夢・想い・諸事情をクリアしようと思うと、どうしてもおカネは掛かります。でもおカネは、死んだ後に持っていけないでしょ。

折角頑張ってきた自分の人生。生きている間に自分の為におカネを使っても、バチは当たらないと思うんですよね。

ちなみに私は、生きている間に稼いだおカネは全部使い切る積りです(子供に残す気ゼロ。「子孫に美田を残さず」です)。

ま、おカネなんて「あって無いようなモノ」で、生きていれば全て「右から左」なんですから、死ぬ前に三日程呑み明かせば、大した苦労もなく使いきれる事でしょう

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    カテゴリー |
    販売状況
    タグ |
    小矢部市

    7大お悩み相談

    お客様の声

    2022/04/21

    家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

    お客様の声

    2022/04/09

    賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

    お客様の声

    2022/04/09

    子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

    お客様の声

    2022/04/15

    住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

    お客様の声

    2022/05/01

    中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

    お客様の声

    2022/04/17

    集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

    お客様の声

    2022/04/16

    多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

    よくあるご質問

    お客様の声

    2022/04/06

    自治会活動、結局どう付き合えば良いの?

    お客様の声

    2023/07/20

    洗面台が壊れた!これって保証の範囲内?火災保険の『破損・汚損等』って?

    お客様の声

    2023/07/11

    農地(田・畑)から宅地(雑種地含む)に地目変更すると、固定資産税はどうなるの?

    お客様の声

    2023/07/25

    こどもエコすまい支援事業。子供が『いない』のに対象ってこれいかに?

    お客様の声

    2022/04/04

    住宅購入の際の火災保険。結局どうすれば良い?

    お客様の声

    2023/09/10

    町内の草刈り・除草には参加すべき?高岡横田南ニュータウンの例

    お客様の声

    2022/11/26

    富山県で新築・中古住宅入居時のお祓い、どの神社にお願いする?

    • ブログ購読

      いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

    安心・快適・満足を叶えます!

    (有)ランド・プラン 代表取締役

    高野 竜成

    住み続けられるまちづくりを

    中古活用・循環社会へ

    空き家が増え続けています。高岡市だけでも1万戸以上の空き家が存在し、今や『6軒中1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して、安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用・循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せ』と『持続可能な幸福社会』を創造する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

    PROPERTY

    取扱中物件

    PRESIDENT BLOG

    不動産屋のひとりごと

    不動産ご相談事例

    そのお悩み、ランド・プランで解消できますよ!

    ブログの更新通知を受け取れます!
    ブログサムネイル

    更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう