MENU

2020/09/22
私道を通る時は通行料を払わないといけない?私道に接していると住宅建てられない?私道トラブル。
|
よくあるご質問

有限会社ランド・プラン

不動産業をやってると色んな事に出くわしますが、私が「意外だなあ」と思うのが「私道の多さ」です。結構「私道」ってたくさんあるんです。普段、我々が何気なく通っている道路でも相当な割合で「私道」があります。

昔(不動産業者になる前)は「私道」というと「私有地につき立ち入り禁止!」とか書いてあって、周りの人が迷惑しているイメージがありました。

たまにワイドショーなどでも出てきますよね。「私道トラブルでご近所さん大迷惑!」みたい特集が。しかし、良く考えると「ワイドショーに取り上げられる」という事は相当に「話題性があるから」です。

「例外的で特殊なケースだから」特集を組まれるんです。

「本日、ランド・プランが無事不動産売買契約を締結させました!」なんていう日常的なニュースは絶対に流れませんが、「被害額1億円!不動産屋の詐欺商法!」みたいなのあれば特集されますよね。これも非日常だからです。

そういう意味において。

日本中に数限りなくある「私道」においては、そのほとんどが何らのトラブルなく、普通に使われています。よって、全ての私道に対して恐れを抱く必要は無いわけです。

ちなみに不動産業者が取引に絡む場合は必ず「道路」に関しての説明があります。通行料が発生するのか?とか、住宅が建てられるのか?とか。

不動産業界には『物件調査は道路調査に始まって道路調査に終わる』という名言もあり、一言では言い表せない程の重要性を持ちます。なので、今回のブログでガッツリ説明するのは不可能です。いわゆるケースバイケースですし。

そして勿論「全ての私道が安全」というわけではなく、やはり「リスクを抱えた私道」も存在します

その辺の見極めは大事ですし、不動産業者としてはその「リスクも正しく説明しないといけない」のですが、とにかく今回私が言いたいのは

全ての私道が危険なわけではない。

と言う事です。

全ての不動産屋が悪徳なわけじゃない。というのと、似たような論理かも知れませんね。

参考ですが、法律的に分かりやすいページがあったのでご紹介しておきます。「話し合い」や「近隣挨拶」を重視している点は「正にその通り!」と思います。

私道の「通行権」とは?トラブル対策方法を弁護士がわかりやすく解説

実際にトラブルになってしまった時は、まずは当事者同士の話し合いで、それがダメなら弁護士さんの出番です。話し合いで折り合いが付かないのなら、最後は法律で決するしかありません。

では不動産業者は何をするのか?

トラブルの予見・予知・回避です。まとめて『予防』

そこにこそプロの不動産業者が存在する意味があるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
よくあるご質問
タグ |
近隣関係

7大お悩み相談

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

よくあるご質問

お客様の声

2020/10/04

入村料(入会料)って何?絶対に払わないといけないの!?町内会費・自治会費の真実。

お客様の声

2023/07/20

洗面台が壊れた!これって保証の範囲内?火災保険の『破損・汚損等』って?

お客様の声

2019/05/06

えざらいって何?戸建てに住むとそんな事しないといけないの?

お客様の声

2024/04/11

災害によるローン減免制度。自然災害債務整理ガイドラインとは?

お客様の声

2023/07/25

こどもエコすまい支援事業。子供が『いない』のに対象ってこれいかに?

お客様の声

2024/01/06

地震でクロスが割れた。タイルが割れた。これは地震保険適用内?

お客様の声

2022/04/30

おけそくって何!?おけそくさんって誰!?富山県に住む時に知っておきたい謎のお言葉。

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

PROPERTY

取扱中物件

住み続けられるまちづくりを

中古活用循環社会へ

空き家が増え続けています。高岡市だけで11,000戸の空き家が存在し、『6軒に1軒が空き家』という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用循環社会へ。ランド・プランはあなたの幸せと持続可能な幸福社会を実現する『たかおかSDGsパートナー』です。中古住宅に関するご相談ならお気軽に!

ご相談者の声

あなたもお気軽にご相談くださいませ

PRESIDENT BLOG

現在の販売状況・お知らせ等

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう