MENU

2023/06/20
不動産屋、全裸監督を観る。不動産・住宅業界でイノベーションは起こせるか?
|
不動産屋の日常

有限会社ランド・プラン

遅ればせながら。

遅ればせ過ぎたのかも知れませんが、ネットフリックスで『全裸監督』を観ました。

『2』まであって全編スゴイ迫力。おカネも掛かってるし時間も掛けてます。俳優陣も文字通りの『体当たり演技』で。あれは確かに話題になりますね。

いやいや!エロい目で観てませんよ!村西とおるという人物の『イノベーター振り』がとてつもないなと感心して観ていたんです(ほほほほほ本当に)。

さて。

時は1980年代後半から1990年代前半。正に私の思春期なんですが、現代と比べると本当に『隔世の感』があります。あの頃に『考えもしなかった』事が現代では『当たり前』になってます。

イノベーションというのは、実はあんまり目立ちません。何故なら新時代の『常識』になるから。

誰も現代で『洋服を着ている事』なんて特別視しないでしょう?しかし、150年前に洋服を着ていたらかなりのハイカラさんですよ。日本人が洋服を『庶民が日常的に』着るようになったというのも一つのイノベーションです。

そういった意味で、『全裸監督』の主人公村西とおる監督は物凄いイノベーターだったと思う訳です。賛否色々あるでしょうが、とにかくパワフルに『その時代の常識を』打ち破って突き進んだ事は間違いありません。

映画監督が全裸て。洋服着なはれ。

翻って不動産・住宅業界を考えると(ここから真面目な話)。

住宅業界は、『流通した持ち家』全体に占める割合が新築80%・中古20%と言われます。実際に住宅を購入した方の8割が新築住宅で、残りの2割が中古住宅という事です。

あまりに中古住宅の割合が少ないと思いませんか!?

ちなみに欧米では上記が逆転し、6割~8割が『中古住宅』です。つまり、住宅の世界標準は『中古住宅』なんですよ。

ちなみのちなみに『全裸監督』でも上記『世界標準』というのが良く出てきます。『○○は世界の常識だ!』とか。

○○については、エロい言葉なので割愛させていただきます。

それまで『当たり前』と思っていた事が実は『ごく狭い範囲の中での』常識だったり、誰かに植え付けられてしまった『誰かにとっての』都合の良い常識だったりします。

旧来の常識をいかに打ち破っていくか。

全裸監督を観ながら、そんな真面目な事を考えていた私でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

カテゴリー |
不動産屋の日常
タグ |
不動産業界

7大お悩み相談

お客様の声

2022/04/16

多世帯同居。どうすれば家族みんなが幸せに生活出来る?

お客様の声

2022/04/09

賃貸生活と持家生活。結局どっちが得なんですか?

お客様の声

2022/05/01

中古住宅ってなんか心配。購入後の生活は本当に大丈夫?

お客様の声

2022/04/17

集合住宅。いつまで窮屈な思いを続けなきゃいけないの?

お客様の声

2022/04/15

住宅の老朽化が目立ってきた。修繕?建替え?住み替える?

お客様の声

2022/04/09

子育ての為、そろそろ自分の家を持った方が良いのでは?

お客様の声

2022/04/21

家ってお高いですよね?どうしたら不安なく家が買える?

よくあるご質問

お客様の声

2020/12/18

必要?無用?地鎮祭はやるべき?実際に地鎮祭を行われた方の声。

お客様の声

2020/10/19

『隣りの土地は相場の倍出しても買え』『隣りの土地は借金しても買え』は本当?

お客様の声

2023/05/21

木造住宅は20年(22年)で価値ゼロ?居住用家屋の減価償却と不動産査定。

お客様の声

2022/04/04

住宅購入の際の火災保険。結局どうすれば良い?

お客様の声

2024/03/04

結露発生!断熱性が悪いから?お金を掛けずに今すぐ出来る防止策は何?

お客様の声

2022/04/05

こどもみらい住宅支援事業。こどもがいないとダメなの?

お客様の声

2022/04/04

火災保険をどうするか?住宅購入時の火災保険実戦知識。

  • ブログ購読

    いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。メールアドレスを登録いただければ新着記事をメールで確認する事が出来ます。いちいちホームページを見る必要がなく、便利です。特にデメリットはありませんので、是非ご登録をお願い致します!

私がサポート致します!

(有)ランド・プラン 代表取締役

高野 竜成

住み続けられるまちづくりを

中古活用・循環社会へ

空き家が増え続けています。高岡市だけで一万戸以上の空き家が存在し、6軒に1軒が空き家という状態です。その上で人口減少は止まる事を知らず、物価高と人手不足を原因とした新築価格は高騰の一途を辿っています。しかし、それでも家は建てられ続けています。本当にこのままで大丈夫なんでしょうか?そこで弊社は「中古住宅を活用して、安心できる住まいを提供する!」と決意しました。大量生産・大量消費社会から中古活用・循環社会へ。ランド・プランは『あなたの幸せと持続可能な幸福社会』を創造する『たかおかSDGsパートナー』です。高岡市の中古住宅相談ならお気軽に!

PROPERTY

取扱中物件

PRESIDENT BLOG

不動産屋のひとりごと

実際のご相談事例

そのお悩み、ランド・プランで解消できますよ!

ブログの更新通知を受け取れます!
ブログサムネイル

更新通知の登録について

  • 17人の購読者に加わりましょう